« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月30日 (木)

丘のまち美瑛④~哲学の木~

 久々に美瑛の風景写真を。今回は哲学の木です。美瑛でも有名なスポットですね。今年は小麦畑とジャガイモ畑が広がっていました。

 広大な丘に一面の小麦。そしてどこまでも澄んだ青空。その風景はいつまでも心に残るものでした。

 会社の同僚で年2回美瑛へ行く人がいますが、彼が美瑛の虜になったのが良くわかった瞬間でした。

 今回から風景・自然のカテゴリーにも登録しました。以前のものも登録しなおしたので、あわせてご覧くださいませ。

Photo Photo_2

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

「ますかけ」で盛り上がる

 おとといの朝の定例会のこと。次長さんが「手相にはまっている」と今読んでいる本の紹介をしてました。で、ばんばんが「ぼく、左手がますかけなんですよ」と何気なく話したところ

  マジ?ホントにいるんだ、「ますかけ」の人!!!

 一同、ばんばんに注目。調子に乗って左手をみんなに見せて「どうだ!」とちょいと見せびらかしてしまいました。(大人気ない・・・) 

ちなみに「ますかけ」とは頭脳線と感情線が合流し、まっすぐに手のひらを横断している比較的珍しいといわれている手相だそうです。徳川家康、豊臣秀吉にもこの相があったと言われ、天下を取る手相だという人もいます。"百つかみ"、"猿線"などとも言われ、良くも悪くも波乱万丈な人生を送る相であるという人もいるそうです。ばんばんの左手も見事に、綺麗に一直線です。ちなみに右手はもう少しでますかけになるかな~とという感じでM字に見えます。

 という訳で、ちょっと奇人扱いされてしまいました。その後手相の話で盛り上がり、今日になって「左手コピーとらせて」と次長さんからいわれ、無理矢理コピーをとられてしまいました。そのコピーは事務所の掲示板に何故か張られています。そんなに珍しいのですかね~、ますかけの手相って。

 ちなみにばんばんの場合は悪い意味で波乱万丈の人生を送っている気がします。さっきまでお腹を壊してトイレで悶絶してましたし・・・(←関係ないか)

続きを読む "「ますかけ」で盛り上がる"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

大宮大成鉄道村 詳報~日刊工業新聞より

 先週、日経新聞首都圏経済のページに大宮大成鉄道村がオープンする記事を発見したことを書きました。最近、この記事へのアクセスが非常に大きく、ビックリしております。

 昨日(8/27)の日刊工業新聞(あまり聞きなれない新聞ですね)のネット配信に日経新聞より詳しい内容の記事が出ていました。

記事を要約すると

①オープンは10/10(鉄道博物館オープンに先行)

②場所は鉄道博物館の北エントランスから徒歩5分の位置

③鉄道をテーマ・モチーフにした施設構成

 「お食事処汽笛」⇒Nゲージ大ジオラマを楽しみながら食事

 「でこいち元気風呂」⇒赤ちゃん風呂やちびっこ風呂なども併設

 宿泊施設の「寝台特急北斗星」⇒寝台特急列車を模しており、宿泊者は、でこいち元気 

 風呂に入浴が可能。

④予約は9/1から受付

だそうです。

 ここまで鉄道にこだわった施設も珍しいですね。鉄道ファン向けの食事処としては祐天寺のナイアガラ、千駄木のせとうち、銀座バーパノラマなど数多くあるので、どんな特徴があるのか注目ですね。、宿泊施設はSLホテルが壊滅状態の今では珍しいですよね。さてさて、人気はいかに!記事はこちらをクリック!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070827-00000025-nkn-ind

| | コメント (0) | トラックバック (1)

8/27 E655系 常磐線で試運転

 8/27 E655系の試運転が常磐線であるらしい。8/27は月曜日ですが、ばんばんの会社は創立記念日でお休み。天気も良い(メチャクチャ暑いが・・・)、これは行くしかない!

 という訳でガセネタでもともと、E655系の撮影に出かけました。ちなみにちゃんとE655系の試運転はありました。ダイヤは前回の赤塚までとほぼ同じでした。

 うだるような暑さなので駅撮りでいこう!というわけで牛久駅へ。松戸から特別快速に乗って向かったのですが、北松戸、新松戸と駅撮りスポットには撮り鉄が皆無。やっぱりガセかな~と思っていたら、南柏で1人発見!しかし、その先で撮り鉄の人を見かけたのは取手の先の田園地帯で2人のみ。みんな、先月末から今月はじめの試運転で撮影したからかな~、やっぱガセかな~?と不安な気分で牛久駅へ。ここでは、撮り鉄の方が1人いました。お互い人数が少ないので「ガセ」と思っていたようです。

 そろそろやってくるかな~という時間に茶色い車体が見えてきました。そう、E655系です。試運転はガセではなく、本当にありました。牛久駅には勢い良く入線、ファインダー越しに見たE655系は思ったよりかっこよかったです。撮影を終え、水戸方向を見るとなんと、E655系が止まっていました。どうやら急制動の試験を行ったようですが、ブレーキ音には気がつきませんでした。さすがハイグレード車両!

 この後、牛久駅で知り合った撮り鉄の方と牛久と佐貫の間にある銅像山踏切で炎天下のなか撮影しました。この銅像山踏切も有名撮影ポイントなのですが、撮り鉄の方は居ませんでした。(結局、撤収するまで私たち2人でした)651系やE531系、E653系を撮影しているうちに、赤塚で折り返したE655系がやってきました。順光で自由にアングルを決められたので、ばんばんにしては上手く撮影できたかな?と思い満足。我孫子で折り返してくるE655系と安中貨物を撮影するため、しばらく銅像山踏切で撮影。安中貨物の件は別記事に顛末をまてめていますので、その記事をごらんいただければとおもいます。結果として撮影できませんでした・・・。我孫子からのE655系を撮影、牛久駅へ戻りました。しかし、炎天下で十分に水分を補給しなかったせいか、体調を悪くしていまったので、これで松戸の自宅へ帰ることにしました。

 何はともあれ、E655系を撮影できたのでよかったです。日章旗を掲げ、菊の御紋を取り付け走る日はいつになるのでしょう。今から楽しみです。最後に牛久でご一緒した撮り鉄の方、いろいろとありがとうございました。

 では、おまたせしました。E655系の写真です。他の列車も撮影してますので、常磐線撮影~牛久付近の記事をご覧ください。

E655

E655_2

E655_3 E655_4

E655_5 E655_6

E655_7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

常磐線撮影~牛久付近

 8/27 この日は会社の創立記念日でお休みでした。1日ゴロゴロして過ごすつもりでしたが(外、むちゃくちゃ暑いし・・・)、E655系の試運転があるというので常磐線牛久付近へ撮影に行きました。この記事ではそのとき撮影した常磐線の列車写真をアップします。E655系の試運転は別記事でまとめましたので、そちらをご覧ください。

 撮影場所は牛久~佐貫の間にある銅像山踏切です。(有名ポイントですね)直線のため長編成でもスッキリと収められます。ただ、牛久駅から結構歩きます。(30分ぐらい?)ばんばんはもやしっ子なので今回はタクシーで向かいました。タクシーですと900円ぐらいです。

 651系も登場してから19年。そろそろ去就が注目される頃ですね。現役バリバリの今のうちに撮影しておくといいかもしれませんね。カラフルなE653系を撮影するのも楽しいですよ。ちなみに安中貨物はタイミング良く?下り貨物と踏切付近ですれ違います。場合によっては被りますので要注意です。今回は赤塚へ向かうE655系を撮影するため、安中貨物は撮影できず、下りカモレを撮影しました。(だって撮影時に点検でやってきた保線の人に聞いたらE655系の通過時刻は間違っているし、カモレは運休とか言うし、おまけにダイヤグラム見ながら答えているのに・・・)要は、保線の人の情報を丸呑みにしたため、撮影できませんでした・・・。

 それでは写真をご覧くださいませ。E655系は別記事をご覧ください。

E531 651

651_2

653_2 Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう15000アクセス・記事数200達成!

 昨日(8/27)、15000アクセスを達成しました!そしてこの記事がブログ開始から200記事!おめでたいことが重なりました!

 前回10000アクセスを達成したのが7/1でしたから約2ヶ月弱での15000アクセス到達ということになります。

 このなんのとりとめのない、鉄道ネタばかりのブログを読んでいただいた方に

 感謝感謝です。ありがとうございます。

 飽きっぽく、日記や家計簿をつけてもお約束の三日坊主の私ですが、このブログだけは今のところ三日坊主に終わることなく、コツコツと書き続けているのが不思議です。なんでだろう?

 ともあれ、この鉄道ネタばかりのヘタレブログを今後もよろしくおねがいします。

 

続きを読む "ありがとう15000アクセス・記事数200達成!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

忙しく まぬけな土曜日 ばんばんの一日

 いまから約2ヶ月前。最寄り駅の駐輪場に自転車を止めっぱなしにしていたら、放置自転車扱いで撤去されてしまいました。で、自転車を引き取りにくるようにと市役所からはがきが来たのでいってきました。

 まず、保管場所が不便。車で行けば10分弱だが、帰りは自転車を積んで帰ってこなくてはならないので、電車でいくことに。電車だとチョイと遠回りなのでめんどくさい。おまけに運賃の高さでは日本一の北総鉄道、隣の駅まで200円。オイ、いくら赤字だからって・・・。でもこのクソ暑い中歩いていったら死にそうなので、仕方がない。

 そんないい加減な気持ちでいったせいか、保管場所について気がついた

 自転車のかぎ忘れた!!!

 というわけで、超ウルトラスーパースペシャル惨めな気持ちになって家に戻り、再度保管場所へいきました。

 自転車は無事に保管されていました。約2ヶ月ぶりのご対面!お~ゴメンよ、こんどは気をつけるからね~、ちょっと反省。保管料3000円を支払い、久々に自転車漕いで帰りました。

 帰り途中、本屋で時刻表を買い、趣味の鉄道雑誌を立ち読み、でもって、午後は列車の写真を撮影におでかけ。都内へ出たついでに秋葉原のヨドバシへ。そこではUSBメモリーを買い、そして

 D300 予約しました~!!!

 D300 ニコンがDXフォーマットのフラッグシップマシンとして投入したデジタル1眼レフカメラ。木曜日、このマシンの発表を聞いたときは興奮しました。で、即買いを決心!というわけで予約したわけ。ちなみにヨドバシの店員さんの話だと予約が好調すぎてビックリしているそうです。それはそうだ、まだサンプル画像も出ていない段階だし。ちなみに本体価格は¥228000でした。

 と、まあ、なんだかんだで忙しい1日でした。それにしても自転車の鍵を忘れたのは痛かった。相変わらずのマヌケな自分にウンザリしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常磐線にE231系湘南色 あらわる!

 ヒガジュウでゆとりを撮影した後、アキバに寄り道、そして、おうちへの帰り道で撮影をしました。そのターゲットは、常磐線にやってきたE231系湘南色(小山車)です。まあ、E231系なら快速電車でバンバン走っていますが、湘南色はめずらしいので撮影したわけです。

 場所は先にも書いたとおり、最寄の松戸駅から家へ帰る途中のポイント。定番の小山跨線橋(松戸車両センターへ分岐する線路があるあたり)は満員でしたので、ここで撮影しました。まあ、松戸のランドマークタワー?伊勢丹の看板が入ったので、常磐線らしい風景になったのでよかったのかな?

 E231系は10両編成でなんとHMつきでやってきました。HMには「虹のかけ橋号」と書いてありましたから、旅のプレゼントの一環の列車だったようです。旅のプレゼントはJR東日本の労組が障害を持つ子供達に旅を楽しんでもらおうと、しばしば企画されている行事で、各種車両が運転されています。

 この列車を撮影した後、トボトボとおうちへ戻りました。

Photo
 

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF65 PF+ゆとり inヒガジュウ

 今日は「ゆとり」が走るというのでヒガジュウで撮影をしてきました。時間を勘違いしていたので、東十条についたのが列車通過15分前。なんとか先着の方の協力をいただいたお陰で撮影はできましたが・・・。(ご協力いただいた青年、ありがとう!)

かわしたつもりの人影が・・・。右下隅に・・・。まあ、ギリギリだったから仕方ないか・・・。

 今回の牽引機はEF65-1114でした。PFとゆとりの組み合わせもカッコいいですね。ゆとりもE655の登場で去就が注目されていますので、これからもできる限り撮影にでかけたいです。

  それにしてもヒガジュウ、便利です。ハマッテます。それでは写真をご覧くださいませ~。

Pf Pf_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JTB時刻表9月号 秋の臨時列車

 え~、酷暑の毎日がつづいていますが、世間はもう秋モノ真っ盛りですね。デパートのショウウインドウ、ファッション誌、そしてJRも秋の臨時列車が発表に!

 さっそく今日発売の時刻表を買ってパラパラと読んでいます。ネタ列車は相変わらず東高西低、中はナシ、ってところでしょうか。

なかでも今年の秋は旧型客車が大活躍!

 東北線開業120周年号、磐越東線開業90周年号、レトロ奥久慈号、SLホエール、SL会津只見紅葉号と10月・11月で南東北であちこちで運転します。まあ、特筆はED75との組み合わせが実現する「東北線開業120周年号」でしょうか?これは乗り鉄・撮り鉄で激パ確定!?でしょうか。

 他では今年も磐西只見ぐるり一周号が運転され、定番のELSL奥利根があります。ところで、今年は横川~軽井沢が廃止されて10年ですが、何かネタ列車は走らないのかな~。あとは新潟支社の企画列車にちょっと期待!

 今年の秋も撮り鉄で忙しくなりそう・・・。

続きを読む "JTB時刻表9月号 秋の臨時列車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

大宮大成鉄道村10月オープン~日経新聞

 さて社会人必携?日経新聞を読んでいたら首都圏版にこんな記事が

 さいたま市に鉄道村10月開業~JR東日本都市開発

 鉄道村?はて、と読み進めるとJR東日本の子会社であるJR東日本都市開発が大成駅から徒歩10分の場所、つまり10月にオープンする鉄道博物館の近くに宿泊・入浴が出来る施設を開業するというもの。鉄道博物館との相乗効果を狙っているのでしょうか?

 名称は「大宮大成鉄道村」といい、施設は120人収容の宴会場、寝台特急北斗星の外観や内装をイメージした宿泊施設がメインのようです。

 う~ん、北斗星イメージの宿泊施設、気になるな~。どんな感じなのでしょう。カシオペアでないところを見るとリーズナブルな価格設定なのでしょうか?

 地方からやって来た鉄ちゃんには早朝から大宮駅で列車観察(もちろん、カモレ・夜行列車などからじっくり観察)⇒鉄道博物館⇒鉄道村で宿泊というゴールデンコースが出来たりして・・・。まあ、首都圏在住者でも面白いかも。

 鉄道博物館も年間入場券の申し込みが始まり、いよいよカウントダウンという感じになってきましたね。

 それにしても日経は旬な鉄ネタが多いような気がするのは気のせい?ちなみに記事は8/22付朝刊、首都圏経済のページです。

 

 

続きを読む "大宮大成鉄道村10月オープン~日経新聞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

北斗星2号の旅~北海道鉄道漫遊記⑦~

 さて北海道鉄道漫遊記もこれで最後。トリは北斗星2号の乗車記です。

 これまでの北海道への旅行は往き北斗星、帰り飛行機というパターンでしたが、今回は帰りも北斗星を利用することにしました。乗車日は7/22。1ヶ月ちかく前のことです。

 札沼線を乗りつぶしたあとラーメンを食べ、時計台まで散歩をして、雪印パーラーでパフェ食べて、大丸で六花亭のお土産を買っていたらなんと北斗星2号発車時刻15分前!あわててホームに駆けつけると、ちょうど列車が入線してきました。 ホームには立ち売りの駅弁あり、道内各地へ向かう特急もあるせいか、主要駅の往年の賑わいを感じました。

 車内に入り指定されたBソロの1室に入ってほっと一息を着いたところで、列車は札幌をゆっくりと出発しました。落ち着いたところでシャワーを浴びました。北斗星にはシャワー室があるので夏は助かります。

 苫小牧を過ぎると車窓には噴火湾が見えるようになります。写真のように夕陽の海がとてもきれいで印象に残りました。長万部あたりからは国道と併走します。漆黒の夜の国道をゆく長距離トラックが照らす2条の灯り、仁山駅を過ぎて見える函館の夜景など、次から次へと静かな夜景が繰り広げられます。カタン、カタン、という心地よいジョイント音、これらの風景をぼんやりと見ながら、色々と考え事をしていました。何か考え事をするには寝台列車は最適かもしれません。 函館を過ぎ、パブタイムとなった食堂車で軽い夜食をとり、青函トンネルのくぐり抜け青森付近に来たところで、眠りに着きました。

 朝、目が覚めたのは郡山あたりでした。洗面を済ませ、白河の関を過ぎたあたりで食堂車へ。普段だと仕事を始めている時間ですが、今日はノンビリと列車で朝食を堪能しました。日本では食堂車が連結されている列車は北斗星、カシオペア、トワイライトエクスプレスのみです。いまや食堂車で食事というのは本当に貴重な体験になってしまったのは残念です。

 食後のコーヒーまでゆっくりと楽しんでいたら、宇都宮に到着。いよいよ終着上野が近づいてきました。そうです、この旅もいよいよフィナーレを迎えることに。心の中はは現実に戻されてゆく切なさと、さあ、これからも頑張るぞという気持ちが入り混じる複雑な心境に・・・。しかし、大宮に着くころには覚悟?したか、あきらめがついたのか?また新たな気持ちで頑張ろうという気持ちになれました。まあ、こんな気持ちになれてよかったです。だって午後からは通常の勤務が待っていたのですから・・・。 列車は定刻どおり上野に到着。無事に到着したところで今回の旅も終わりました。

 今回の旅ではあえて寝台特急を利用しました。寝台特急は時間もかかり、ディスカウントチケットが無い分お金がかかる、などちょっと利用しずらいかもしれません。でも、16時間、日常を離れ自分だけのゆっくりと流れる時間を過ごすことができる、これは忙しい日々を送る現代人にはとても贅沢なことだと思います。今回の旅で改めて実感しました。

 みなさんも寝台特急 北斗星やカシオペアで北海道旅行はいかがでしょう?

  最後に旅の写真を。 上から噴火湾の夕どき(車窓から)、食堂車、車内でのひとコマ、上野に到着した北斗星の順です。

2_3

Photo_2 Photo_3

 

 

Ef8181_2

続きを読む "北斗星2号の旅~北海道鉄道漫遊記⑦~"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月19日 (日)

大宮駅で駅撮り

 8/19(日)、ヒガジュウでELSL奥利根号を撮影したあと、大宮駅で駅撮りをしました。2時間30分の間に定番の北斗星・スペーシア・カモレ、そして配6794レを撮影。特に配6794レはEF65-1001牽引でしたのでラッキーでした。短時間にいろいろな列車を撮影できたのでほぼ満足・・・。北斗星2号がカモレに被られた以外は・・・。

 大宮駅ではなんと、先月の北海道旅行で札幌駅で駅撮りをしていた人に偶然再開。お互い「どこかで見たよなぁ~?」と思っていました。こんな偶然もあるんですね。ビックリ!

 で写真です。配6794レは別記事で扱っていますのでそちらを見てください。上から順にカモレに被られた北斗星2号⇒おはようとちぎ⇒スペーシア⇒北斗星82号⇒カモレ(EF65-1041牽引)⇒北斗星4号⇒カモレ(EH500牽引)です。北斗星2号はパチイチ牽引でした。悔しい~!!!

2_2 Photo_2 Photo_3 822 651041 4 2_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF65-1001牽引の配6794レ

 20日ぶりの撮り鉄だったので、ヒガジュウだけで帰るのがもったいないと思いつつ、お手軽に色々と列車を撮影できる場所、ということでELSL奥利根号を撮影したあと大宮駅へ向かいました。

 大宮駅の駅撮り、ちょっと緊張しました~っ。なにせ何かと物騒な噂の多い大宮駅の駅撮りですからね。で、現地に着くと誰も居ませんでした。ちょっと拍子抜け。

 大宮駅では北斗星やスペーシア、カモレを撮影しました。待っている間はヒマなので紫板をチェックすると

 今日の配6794レはEF65-1001が牽引!

 というわけで、撮影しました。が、初めての場所のせいか、構図がイマイチ!な結果に・・・。EF65-1001を見るのは約3ヶ月ぶり。色あせた塗装がちょっと気になりました。

 というわけで、写真を。

2 Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガジュウでEF60-19牽引 ELSL奥利根撮影

 なんだかんだで約20日ぶりの撮り鉄でした。

 かねてから撮影に行こうと思った国鉄一般色に戻ったEF60-19を撮影にいきました。が、寝不足と夏バテ?の影響でヒガジュウでお手軽に済ませてしまいましたが・・・。

 毎週末運転されているせいか、被られるのを恐れてなのか、ヒガジュウに集結した撮り鉄はザット数えて20名弱でしたでしょうか。まあ、平和な雰囲気での撮影でした。

 さ~て、そろそろやってくるころかな~とファインダーをのぞこうしたとき、目の前を湘南新宿ラインが!そして尾久方向には2灯のヘッドライト。

「わっ、やばい、マジかよ~!!!被られる~っ!!!」

 おもわず、叫んでしまいました。結果は下の写真どおり。タッチの差でかわすことが出来ました。ラッキー!やっぱりヒガジュウはお手軽な分、被りは覚悟しておかないといけないですね。

 以前のやすらぎ塗装と比べると、やっぱり国鉄一般色の方が似合っているし、カッコイイですね。やっぱ国鉄色っていいな~と思いました。欲を言えばヘッドライトを1灯に戻してくれれば文句なしなのですが。贅沢な意見かな?

 あ、天気にも恵まれました。ピーカンだと逆光になりますからね。薄曇で助かりました。

 それではヘタレな写真をご覧ください。

Ef60192 Ef6019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

幾寅駅~北海道鉄道漫遊記⑥~

 だらだらと続いているこの漫遊記も、あと2回。今回の幾寅駅と北斗星2号の旅を残すだけとなりました。あの旅行に旅立ってもう1ヶ月が過ぎたところです。月日が経つのは早いなぁ・・・。

 幾寅駅と聞いて映画鉄道員(ぽっぽや)を思い出した方、多いと思います。今回の旅では幾寅駅に下車は出来ませんでしたが、短い停車時間中に垣間見た駅の様子を写真に撮りました。

 駅には小さな駅舎(ロケにもつかわれたやつ)とカットモデルの気動車がありました。カットモデルの気動車は映画の撮影用にキハ11もどきに改造されたキハ40。車内からもバッチリ見ることが出来ました。しかし、その様はさらし首のようで、ちょっといたたまれなくなりました。完全スクラップよりはマシかもしれませんが・・・。

 駅の周りは大きな集落で、建物もまとまってありました。自分が想像していた駅(山間の人里離れた小さな駅、狸やサルがでてきそうな・・・)と大分違っていたのでびっくりでした。

 写真は駅の様子とさらし首?のキハ40です。次は下車するぞ!(いつになることやら・・・)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

気になる懐かしのはくたか

 せっかくの夏季休暇なので撮り鉄三昧と行きたかったのですが、酷暑の毎日、外出する気にもなれませんでした。というわけで、クーラーの効いた部屋でダラダラと過ごしてしましました。まあ、撮り鉄で熱中症、日射病では洒落にならないし、日焼けしてお肌にも悪いし・・・。

 前置きはこれぐらいにして、今、気になって仕方がないのが懐かしのはくたかが運転をするのか、そして運転した場合の運転経路です。

DJ誌9月号によれば

金沢7:50⇒直江津10:20⇒長岡11:19⇒越後湯沢12:23⇒水上12:57⇒

⇒高崎14:00⇒上野15:30

上野8:28⇒高崎10:07⇒水上11:21⇒越後湯沢12:02⇒長岡13:02⇒金沢16:02

と出ています。当たりまえですが上越・信越線経由です。

 今のところ青海川駅の土砂災害で、8/30までの能登・北陸は運転休止が決まっています。つまり9月初旬の復旧、開通が無ければ当初予定していたルートでの運行は不能になります。

 ツアーのほうは今のところ募集していますから企画が中止になることはなさそうですね。ということは、9月初旬の復旧に向けて工事がすすむのか、あるいはほくほく線経由で運転されるのか、非常に気になるところです。8/17発の新潟明訓高校の甲子園応援列車は夜行でほくほく線経由ですから、ほくほく線経由で企画を実施する可能性も十分に考えられますね。

 運転経路の変更がかかっても次回のDJ誌発売では間に合いませんから、ここはダイヤ情報のホームページにある臨時列車運転情報の変更情報をこまめにチェックするほかなさそうですね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

札沼線の旅 ~北海道鉄道漫遊記⑤~

 この漫遊記も5回目です。先月の北海道旅行で、札沼線を完乗しました。そのときの話です。札沼線といえば、日に3本しか走らない浦臼-新十津川が有名ですね。その区間をどうしても乗りたかったので、実現できて嬉しかったです。

 乗車したのは7/22。午前中、札幌駅などで駅撮りを楽しんだ後、ライラック号・781系ともにまもなく引退なので、惜別乗車を兼ねてライラック5号で滝川駅へ向かいました。 

 滝川には12:26着。ここからタクシーで新十津川駅へ向かいました。滝川から新十津川までは路線バスもあるようですが、時刻がわからなかったのでタクシーを使いました。値段は1260円だったと記憶しています。新十津川まではあっという間で7分ぐらいで到着。ちょうど、石狩沼田からやってきた列車と同時到着でした。

 駅の周りは病院があったり、ガス施設があったりと結構街中の雰囲気で、原野の中にポツンとあるイメージを想像していたばんばんには意外でした。日曜日のせいか、石狩沼田からやってきた列車に乗車していた人たちで、ホームはにぎわっていました。普段はひっそりとしているのでしょうね。

 列車は定刻通り新十津川を出発。石狩平野を坦々と進んでゆきます。車内は乗り鉄と思われるひとばかり。みなさん、それぞれに札沼線の旅を楽しんでいるようでした。列車には冷房がなく、JNRマークのついた扇風機が大活躍!窓からは心地よい風が。適度な揺れと振動、心地よい風、流れ行く風景、子供の頃の汽車旅がよみがえったような感覚でした。

 列車は終着、石狩沼田に到着。記念に下車印をもらおうとしたら「自分で押して」と駅員さんから下車印をお借りして、自分で押しました。ここからは、キハ141という51形客車を改造したディーゼルカーで札幌へ。札幌に近づくにつれ家も多くなり、乗客も多くなって都市近郊路線の様相を呈してきました。さっきまでのローカル然とした雰囲気がウソのよう。ただ、新十津川から石狩沼田までの心地よい走りっぷりと逆で、列車のスピードはとても鈍く、ちょっとイライラしてきました。

 まどろっこしい時間を過ごし、やっと札幌へ。新十津川と比べるとそそれはそれは別世界でした。このあと、ラーメンを食べお土産を買い、北斗星で上野へ向かいました。

 ローカルな風景から都市風景まで。さまざまな風景が繰り広げられる札沼線の旅、面白いですよ。

Photo_2

Photo_3 Photo_4

 

141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

ダイヤ情報9月号 ゲット!

今日、八重洲の地下街にある東春堂書店でダイヤ情報9月号を買いました!この書店、早売りすることで知られていますが、発売の5日前とは!いつもは2日前なのですが、お盆の関係で今月だけ早かったのでしょうか?

さて気になるネタですが、

①懐かしのはくたかの詳しい運転時刻が掲載。

②8/25にゆとりが尾久-高崎で走る

③夢空間北斗星クルーズトレインの運転時刻が掲載

④9/9 日中に上野⇒新津で24系7連運転

⑤陸羽東線のSL列車ダイヤ

⑥お座敷ゆとり水上のダイヤ

でしょうか。③はヘッドマークあり、⑥は上野⇔高崎はEF65(田端)だそうです。

詳しくは本屋へGO! 買って読んだください。

表紙はあのE655系、簡単な紹介記事がありましたよ。

続きを読む "ダイヤ情報9月号 ゲット!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鉄道博物館」10月のオープン前に一部公開…さいたま

というわけで、読売新聞のネット版に記事が出ています。写真入です。あと2ヶ月で開館なんですよね。月日が経つのが早い・・・。

まあ、オープン早々はゲロ混みでしょうから、落ち着いたら行ってみたいです。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070810i414.htm

新聞なので、見るならいまのうち! 記事は8/10 21:44に配信されています。

明日の朝刊にでているかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読売新聞の発言小町~鉄道オタクの息子を心配する母親

 え~、最近何かと注目される「鉄ちゃん」。読売新聞のネット版に発言小町というサイトがあります。まあ、悩み事や気になること、相談事をスレッドとして立ち上げ、アドバイスをもらうというもので、ばんばんも暇なときに読んでいます。

 で、見に入ったのがタイトルにも書いた鉄道オタクを持つ息子を心配する母親からの相談事です。タイトルは「電車オタクな息子」

 というわけで、全国の鉄道ファンのみなさん、「心配無用!」とこの母親に教えてあげてください。

 ちなみに、アドバイス欄を見ると総じて好意的な内容が書いてあります。ばんばんも学生時代に思いっきり馬鹿にされたので「鉄ちゃん」であることはなるべく非公表にしていますが、時代は変わったのですかね~。

 たまには他人からみた鉄ちゃんについて考えてみるのもいいかもしれません。

 http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/0808/141660.htm?from=yoltop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

JRオールキャスト 日本列島縦断華麗なる列車の旅

 いよいよ、JR20周年の本命ともいうべき?ビッグな企画が出ましたね。七日間、大人2人800,000円から。いやはや、価格もスゴイ。ヨーロッパ旅行できるくらいですね・・・。JR東日本のHPに掲載されています。ビッグな企画だけに添付されているPDFファイルもデカイ容量でした。

 驚いたのがJR貨物のEF510が夢空間を牽引!これは撮り鉄には見逃せないですね。詳しくは下記のアドレスを!

http://www.jreast.co.jp/press/2007_1/20070802.pdf

 まあ、個人的には、夢空間またはE26系が北から南へ、トワイライトエクスプレスが南から北へ、そして東京あたりでそれぞれの列車がご対面!直流区間はゴハチ牽引、なんて考えてしまいましたが。まあ、JRオールキャストだから仕方ないか。

 E26系またはトワイライトエクスプレスで巡る日本1周、牽引機:EF58-61・150、EF65-501、EF55、C57-1などなど、なんてあったら鉄道ファンで即完売! なんて、ちょいとお馬鹿な発想してしまいました。

 写真は先月のオクシナで撮影した夢空間号です。

3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 8日 (水)

丘のまち 美瑛③ ~赤い家~

 さて丘のまち 美瑛シリーズも3回目になりました。ラベンダー⇒キガラシと花が続いたので今回は丘の中に佇む赤い家を紹介します。

 この赤い家、もちろん民家です。ガイドブックにも載っていないと思います。何年か前にたしかJR北海道のポスターに登場したと思うので(間違っていたらごめんなさい)、見たことがある人もいるかも知れません。

 近くを富良野線が走っていて、列車からも一瞬ですがこの赤い家は見えます。ノロッコ号だとスピードが遅いので、少々ゆっくり見れるかも?

 ばんばんも撮影をはじめたときは一人だったのですが、三脚を据えて撮影しているばんばんの姿を発見した人が、「ここ有名なんですか?」といって隣で撮影、さらにその光景を見た人が撮影に加わり、またさらに、とネズミ算的に増えて、気がついたら10名ほどでの撮影会に!

 今年は根菜類のような作物が植えられていましたが、来年はキガラシの花だともっと素敵な絵になるだろうな、と思いました。(今年でも十分、いい絵ですけど)

 美瑛の丘は毎年作付け作物が変わるので、同じポイントでも絵がガラリと変わるのがミソ。というわけで、今年の秋や来年夏も行きたいなぁ~と思っているばんばんです。

 丘のまち 美瑛シリーズはまだまだ続きます!それにしても、空が綺麗だ!

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

丘のまち美瑛② キガラシの花畑

 先月美瑛を旅行したときの写真です。美瑛といえばパノラマロードとパッチワークの丘の2つのエリアが観光コースとして有名ですが、この写真を撮影した場所はガイドブックに載っていない場所です。

 レンタカーで美瑛町をあちらこちら運転しているうちに遭遇した風景でした。周りには観光客もなく、青空の下一面のキガラシが咲き誇っていました。有名スポットでない場所で素晴らしい風景を発見したので、とても嬉しかったこと、感動も人一倍だったことを覚えています。

 今回の美瑛ではこの写真のほかにも、ガイドブックには載っていない素晴らしい風景が広がっている場所に遭遇しました。美瑛は奥が深いな~と感じた次第です。

Photo

 

続きを読む "丘のまち美瑛② キガラシの花畑"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

週刊朝日に注目 祝!新お召し列車登場

週刊朝日8/10号の126ページから

 祝!新お召し列車登場

 という記事があります。すでに読んだ方もいるのでは?ばんばんは新聞の広告で知っていましたが、今日になってやっとマンガ喫茶で読みました。

 記事にはお召し列車の性格、歴史、エピソード、そして新登場のE655系について3ページにわたってまとめられています。副題に「皇室・鉄道ファン」に捧ぐ薀蓄ミニワイドとあるように、読んでいて「へぇ~」と思う内容も。

 中でも驚いたのが、天皇皇后両陛下が新幹線にお乗りになられるとき、昔は1両貸切であったのが、最近は陛下の前後数列のみ貸切で、一般客との同乗になるときがあるという記事。世の中、変わったなーと思いました。

 内容について詳しく書くと営業妨害になるので(笑)、まずは本屋・マンガ喫茶・図書館へGO!

 ちなみにばんばんは週刊朝日の連載記事では山藤章二のブラックアングルが大好きです。(←関係ないか)あと、敬語むずかしいです。あっているかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

献血にいってきました。

 家に「献血のご協力を!」という葉書が日本赤十字社から届いていました。葉書には夏は特に輸血用の血液が不足するので、400ml献血にご協力くださいというものでした。

 暇だし、今週末はダラックマな休日を送っていて、これではいかん!というわけで献血でもしにいってこうようと、松戸駅へぶらぶら出かけました。

 献血ルームは松戸駅から徒歩3分弱、伊勢丹のすぐとなりにあります。オープンしたばかりなのでとてもきれいで、若い女性にも入りやすい雰囲気のデザインでした。

 ばんばんがここで献血するのは2度目。受付はタッチパネルで簡単に終了!医師の問診、血液のチェックのあと、椅子に座って献血開始!テレビを夢中に見ているうち、何事もなく10分程度で終了。ベテランの看護士の方が注射を刺したので殆ど痛くなかったです。

 献血の後、飲み放題?のジュース(マンゴージュース)を飲んで、キャンペーン協力のお礼にいただいた緑茶のティーバッグとクリアファイルを頂いて帰ってきました。

 今回は日本赤十字社からの葉書に「400ml」という指定があったので、400ml献血にしましたが次回は成分献血にトライしてみようかと思います。(前もそんなこと書いた気がする・・・) 

 何か世の中の役に立ちたいなぁ~って思っている方、献血を通して社会貢献する方法もありますよ。自分もいつ輸血のお世話になるかわからないし、困ったときはお互い様ですからね。

 とりあえず、ばんばんの血液がお役に立てれば、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丘のまち美瑛 ①ラベンダーと十勝岳

 先月、北海道美瑛町を旅したときの写真を「丘のまち美瑛」シリーズととして少しずつアップしてゆきます。

 美瑛へは何度かいったことがありますが、いずれも曇り空でパンフレットやガイドブックでみるような青空の風景を見ることができませんでした。今回は3度目の正直?やっと青空の美瑛町を旅することができました。

 今回の旅では十勝岳をはじめ旭岳もよく見える、いい天気に恵まれました。今日の写真は四季彩の丘から撮影したラベンダーと十勝岳の写真です。撮影したのが7月18日。山にはまだ雪が残っているのが見えます。夏の花ラベンダーと残雪の十勝岳の組み合わせに、思わず何枚もシャッターを切っていました。

 四季彩の丘ではこのほかコスモス・ユリ・ヒマワリなどが咲き乱れていました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダラックマな休日

 やっと夏らしい天気になりましたが、この週末はダレていました。ブログのテンプレートのリラックマならぬダラックマ状態です。

 昨日は、金曜日の飲み疲れのせいでほぼ終日寝てました。天気いいのに・・・。夜になってもったいない1日を過ごしたなーと反省。日曜日は朝きちんと起きようと思ったのですが、目が覚めたら9時ちかく。・・・。テレビを見ていたり犬と遊んでいるうちに、午後3時を迎えてしまいました。

 ああ、なんという勿体無い時間の過ごし方。明日から仕事、って考えるとますますブルーな気持ちに・・・。

 来週は実りある休日を送りたいものです。はぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

旧広尾線 幸福駅 ~北海道鉄道漫遊記④~

 今回の北海道旅行では、旧広尾線幸福駅へいきました。帯広駅を出発したときは雨でしたが、幸福駅につくころには雨も上がり曇り空となりました。

 駅にはキハ22が2両、きれいな状態で保存されていました。落書きや窓ガラスの破損、部品の盗難も無く、いまにも動きそうな、そんな感じでした。うち、1両は中に入ることが出来ます。車内は少々埃っぽいですが。

 駅舎とプラットホームも保存されており、そこだけは当時のままの風景が残されています。駅舎にはたくさんの名刺が記念に貼られていました。釧網本線の北浜駅でも同じような光景を見かけますが、だれが、いつごろ、なぜ、駅舎に名刺を貼る事をはじめてのでしょうか?ちょっと疑問に思いました。

 駅舎の前では2軒の土産物店があの「愛国から幸福ゆき」の切符と幸福駅の入場券キーホルダーを販売していました。ばんばんも記念に購入。さてさて、ばんばんに幸福は訪れるかな?

 当日は生憎の天気でしたが、多くの観光客でにぎわっていました。列車を綺麗に撮影したい人は朝早い時間がいいかもしれません。

 いつまでも、大切に保存されてゆくことを願っています。

Photo Photo_2 Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日から8月 夏本番

 今日から8月です。関東はやっと梅雨が明けて夏本番、外ではセミがジージー鳴いています。でも台風の影響で青空は暫くお預けのようです。

 やっと梅雨が明けたな~と思って書中見舞いでも友人に送ろうかと思っていたら、1週間後は立秋、暦の上では秋なんですね。たぶん、週末にはがきを作成するだろうから、今年は残暑お見舞いにしようかと思います。

 それにしても空梅雨かと思いきやシッカリ雨は降るし、梅雨明けは遅れるし、猛暑の予想が平年並みになりそうだ、などなど天気の予測は難しいですね。天気で商売が大きく変わる業種もありますし。ちなみにばんばんの業種は猛暑だと損害が出るので、適当な暑さを望みます。

 さてさて、今年はどんな夏になるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »