« 仕事中のテツに天罰下る! | トップページ | レンズ落下後の撮り鉄~内房線 »

2008年11月15日 (土)

富士・はやぶさ ~カマモリで撮影

 はじめて「カマモリ」こと蒲田駅から程近い歩道橋で撮影をしました。今回は階段から撮影してみました。ほかにもアイレベルでの撮影も可能です。次回はアイレベルで撮影してみようと思います。お気に入りの撮影地になりそうです。

Dsc_87602lrc

2レ 寝台特急 富士はやぶさ 東海道本線 川崎-品川(蒲田-大森) 

 来月あたりに正式にJRから廃止の発表が出るのでしょうか?撮影は今のうちかもしれませんね。

 ばんばん的妄想ですが、年が明けたら日替わりで「富士(山形)」→「はやぶさ」→「富士(円形)」→現在のマークと変えたら面白いなぁと思うのですが、いかがでしょう?でも、そんなことしたら激パになりそうですね。

 余談ですが、ブログのカウンターが88888になりそうです。88888カウント目の方はどなたなのでしょう?

|

« 仕事中のテツに天罰下る! | トップページ | レンズ落下後の撮り鉄~内房線 »

01鉄道」カテゴリの記事

03-2撮り鉄 関東甲信越」カテゴリの記事

コメント

こん○○は レンズ落下impact レンズの損傷よりココロの傷が大きそうですね・・coldsweats02

来週、鎌倉までの通りすがりにどこかで「ふじぶさ」を撮りたいと思うのですが、撮影ポイントを知らないので・・教えて下さいm(._.)m ここは駅からどのくらい歩いた場所ですか?? ずーずーしくてスミマセン・・sweat02
不都合がありましたらメアド入れましたのでそちらでお願いします。

投稿: PIKA | 2008年11月17日 (月) 00時52分

 ご心配ありがとうございます。昨日、Nikonのサービスセンターへ持っていったところ、とりあえずは大丈夫そうです。少し使ってみて様子を見て修理に出すか判断することにしました。
 さて、質問の件ですが撮影した場所はお立ち台通信vol1に出ています。蒲田駅東口を大森方向へ向かい、蒲田中学校を目指して川を渡ってしばらく歩くと線路が見えます。線路沿いを歩くと歩道橋が見えます。それがカマモリの撮影地です。
 ほか、八丁畷駅から近い矢向踏切もあります。どちらもメジャーな撮影地なのでベストポジションを取るならば早めに行ったほうが良いみたいです。(特に休日)
平日は空いていて湘南ライナーも撮影できるのでお勧めです。
 また、藤沢駅から歩いて20分ぐらいの鵠沼第2踏切もいいそうです。(まだいったことがありません)こちらは、駅の北口を出て茅ヶ崎方向へひたすら歩けば着くようです。
 そろそろ富士はやぶさも撮影者が増えそうなので今のうちに撮影しておきたいと思ってます。
 参考になれば幸いです。
 

投稿: ばんばん | 2008年11月17日 (月) 06時30分

丁寧にご説明頂きありがとうございます。m(__)m

いろいろ候補があって悩みますね・・
検討させていただきますsign01
あとは天気ですね。。

投稿: PIKA | 2008年11月17日 (月) 20時08分

どういたしまして。いい写真が撮れるといいですね。

投稿: ばんばん | 2008年11月17日 (月) 23時53分

こんにちはnote

お教え頂いた”カマモリ”へ行って来ましたsign01
計6名程での撮影になりましたが無事「ふじぶさ」を撮ることが出来ました。
今さらながら、66が牽くブルートレインを始めて見ました&撮りましたcoldsweats01
この度はありがとうございました。

投稿: PIKA | 2008年11月24日 (月) 10時48分

PIKAさま よかったですね。
私もいずれLAOXカーブへと思っていたのですが、PIKAさまのブログを見る限りではどうなるかと・・・。そういえば、LAOXも大規模な店舗整理をするとか。ここのLAOXは大丈夫なのでしょうか。
最近は安全対策の一環で、フェンスを設けるのが多いそうです。東海道線の通称サントリーカーブも安全対策でフェンスが設置されて撮影が難しくなったとか。
安全優先である以上、仕方の無いことですが・・・。

投稿: ばんばん | 2008年11月24日 (月) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177746/43116864

この記事へのトラックバック一覧です: 富士・はやぶさ ~カマモリで撮影:

« 仕事中のテツに天罰下る! | トップページ | レンズ落下後の撮り鉄~内房線 »