« 2/14 SL春さきどり号 | トップページ | C57180をじっくり観察 »

2009年2月15日 (日)

春の房総を駆け抜けた C57180 SL春さきどり号撮影記

 いよいよSL春さきどり号も最終日。今日は早朝からC57180の雄姿を撮影すべく出撃して来ました。ポイントは2/11の試運転日とまったく同じ。五井-姉ヶ崎の養老川付近と、袖ヶ浦-巌根の浮戸川付近。どとらも爆煙を期待できるポイントです。

 日の出前からゲバ置きで袖ヶ浦→五井へ。袖ヶ浦は日の出前なのに、置きゲバ多数!狙っていた場所は取れず、ほかの場所をキープしました。五井のほうはスンナリと確保できたのが意外でした。一旦自宅に戻り、再びDL春さきどり号を撮影するために五井のポイントへ。

 今日は183系もやってきました!

Dsc_14032ls

183系田町車6連 内房線 五井-姉ヶ崎 

  少し歩いて養老側の河川敷へ。DL春さきどり号を撮影しました。

Dsc_14352r

DL春さきどり号 内房線 姉ヶ崎-五井

  晴れの予報はどこへやら・・・。ドン曇のなかの撮影でした。

Dsc_14432ls

 ぶら下がり中のC57180です。機関士さんたちも手持ち無沙汰の感じでした。汽笛を大サービスしてました。このあとはマイカーで昼寝ZZZ~!目が覚めると正午近く!そろそろ準備を始め13:30が近づきました。

Dsc_15012ls_2

快速春さきどり号 内房線 五井-姉ヶ崎 

 SL見学のために運転された列車です。やはりシールでも絵入りマークがあると格好がつきます。そして五井駅の方から汽笛が聞こえると、C57180はゆっくりとやってきました。

Dsc_15292ls

快速SL春さきどり号

 なかなかの煙でした。機関士やJR社員の方、乗客が沿線の人たちに沢山手を振っているのが印象的で、とても心が和みました。心温まる時間も束の間、次なる目的地へ急行!なんとか車を停める場所を見つけて袖ヶ浦のポイントへ。田んぼでキャパが大きいせいか、ざっと500人以上は居たはず。そして後続列車で追いかけてきた人たちがゾロゾロやってきて最終的には1000人近く、いやそれ以上の人が集まったのでしょうか?物凄い人でした。(お約束?の罵声大会もありました。)そして、定刻より3分ほど遅れてC57180はやってきました。

Dsc_15762ls

内房線 袖ヶ浦-巌根

  SL通過直前に雲から太陽が出てきたおかげで、広い青空をバックに撮影できました。そして、最後にふさわしい出来事がありました。

Dsc_1584

 機関士さんが手に持っている「また会おうね」という手作りポスターです。粋で、心温まる演出。また来年も千葉でSLが走るといいなぁと思いました。そして、安全運転に細心の注意を払い、沿線でSLを見送る人たちへのた心配りに感激しました。列車が通過したとは写真の出来ばかり気にするのですが、この時は写真の出来はどうでもよくて、こうした時間をすごすことが出来たことに、とても満足感を得ました。

 ありがとう!C57180 また来年も会いたいね。

いつもと違う、撮り鉄の1日でした。

 

|

« 2/14 SL春さきどり号 | トップページ | C57180をじっくり観察 »

01鉄道」カテゴリの記事

03-2撮り鉄 関東甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177746/44072690

この記事へのトラックバック一覧です: 春の房総を駆け抜けた C57180 SL春さきどり号撮影記:

« 2/14 SL春さきどり号 | トップページ | C57180をじっくり観察 »