« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月25日 (月)

いすみ鉄道 キハ52 試運転 撮影記(その5)

 キハ52の試運転ネタ、第5弾 これで最後です。もう少しお付き合いのほどを。

 例によって国吉駅でのバカ停を利用して、追跡開始!が、思うように先に進まず、新田野駅でギリギリ間に合う結果に。

110424dsc_7706a4sw

 急行「夷隅」のHMを掲げてやってきました。

110424dsc_7711a4sw

 新田野駅に停車中。反対側には「そと房」のHMがついていました。

 列車を見送った後、もりどんさんと次の撮影場所について協議。もりどんさんが第二五之町踏み切りで撮影したいというので、そこへ向かうことに。その前に時間があるので、国吉駅で時間つぶし。ムーミングッズなどがあって面白かったです。ここで、「よじゅえもんチーズ工房」が製造した生チーズを購入。これがすごく美味しかったです。

 買い物を楽しんだ後、件の踏切へ。お日様がのぞいてよい天気でしたが・・・

110424dsc_7728a4sw

 直前で雲が邪魔して撃沈・・・。しかも列車通過直後に太陽がのぞいてきました・・・。

 これで試運転の撮影は終了。大多喜駅で入庫したキハ52を観察、お土産にい鉄揚げとムーミンドロップを購入して君津へ戻りました。

 試運転列車の撮影を通じて感じたことですが、大げさに言えば、いすみ鉄道沿線=撮影ポイント、というぐらい沢山あるように感じました。車よりも大多喜や国吉でレンタサイクルを借りて、色々と探して見ると面白いと思います。

 何度も足を運びたくなる風景をキハ52が走ります。都心からちょっと距離はありますが、春夏秋冬、それぞれの季節に訪ねて見ると面白いと思います。 

 あと、お土産も豊富。いすみ鉄道のオリジナルグッズはもとより、前述したチーズをはじめとする農産物、駅近くにある和菓子店で売られている「十万石」という最中など、食にまつわるものも沢山あります。

 最後は宣伝めいてしましましたが、何度も訪れて、乗って、お土産を買う、このことがキハ52が末永く活躍する方程式だと思います。

 いよいよ今週末から本運転がはじまります。今度は乗り鉄でいすみ鉄道を訪ねてみたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑毎度毎度のお願いです。よかったらクリックお願いします。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

【大多喜~上総中野】 いすみ鉄道 キハ52試運転 撮影記 その4

 まだまだ続くキハ52ネタ。今回は4/24に行われた大多喜~上総中野間での試運転列車を撮影した話。

 今回の撮影にはキハ52をこよなく愛する鉄、同僚の【もりどんさん】も同行。途中、サルに遭遇しながらウネウネ山道を走ること小一時間。大多喜~小谷松にある撮影ポイントに到着。すでに数人の方が準備中でした。

 周りは田んぼと里山が広がる長閑な場所。どこの田んぼでも今日は田植えが行われていました。

 9:30頃、お目当ての列車がやってきました!

110424dsc_7665a4s2

 田植えのトラクターと列車を見送るおばさんが良いアクセントになりました。畦に咲くタンポポ、新芽が美しいイチョウ、ひっそりと佇む祠、田植え、日本の原風景が凝縮された1枚になりました。

 返しは他の場所で、と思いましたが、移動時間を考え同じ場所で撮影することにしました。

110424dsc_7674a4sw

 今度は横アングルで。農家のおばさんがいいアクセントになりました。水鏡が美しく出れば文句なしでしたが、まあ、良しとしましょう。

 いすみ鉄道社長ブログによれば、4/29以降は大多喜-上総中野間での運転はしばらく行わないとあります。

 恵まれた天気の中、田植え作業と絡めて撮影できたことは、とても幸運でした。

 同僚のもりどんさん、動くキハ52を見て感動したとのこと。

 満足したにもかかわらず、さらに欲が出てこの後も撮影を続けました。(*^-^)また次回にアップします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村>

↑よかったらクリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

いすみ鉄道 キハ52 試運転 撮影記 その3

 前回の続き。今回は返しの試運転列車の撮影記です。

110420dsc_7578a4scw

 逆光ながらも千葉らしい風景を求め菜の花畑をゆくキハ52を撮影。もう1週間ほど早ければサクラを背景に撮影できるところです。サクラと菜の花とキハ52は来年の楽しみにしておきましょう。

 例によって国吉駅でのバカ停を利用して追いかけ。次なる撮影地はここ↓

110420dsc_7601a4scw

 鉄道写真家、中井精也氏が広めた撮影ポイント 第二五之町踏切で1枚撮影。ちょうど、おばちゃんが田植えをしていたので、長閑な田園風景の良いアクセントになりました。青空と田んぼ、菜の花、第4種踏切、そしてキハ52。日本の原風景だなぁと、しばし感傷に浸ってました。(^-^;

 最後の最後で、自分なりに満足できる1枚を撮影できました。

 明日(4/24)からの試運転は上総中野まで往復するようです。

 近いうち、このキハ52に乗車して見たいです。  

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

いすみ鉄道 キハ52 試運転 撮影記 その2

 前回の続き。ロケハンしたものの良い場所が見つからず(わからず)、テキトーな場所でテキトーに大多喜駅を出発した試運転列車を撮影。

110420dsc_7538a4scw

 テキトーに撮影しただけあって、テキトーな絵に・・・。国吉駅でのバカ停を利用して、二発目を撮影。

110420dsc_7550a4scw

 場所探しにまごついている間に列車が接近。慌てて撮影するも、さらにテキトーな絵に・・・。 

 というわけで、せっかくのキハ52なのに無残な結果に・・・。

 次回は返しの試運転列車をアップします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑是非クリックを!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

いすみ鉄道 キハ52 試運転 撮影記 その1

 キハ52の試運転の撮影に行ってきました。大多喜方面へは、たま~に出かけますが、いすみ鉄道を撮り鉄するのは初めて(^-^;。

 君津の家から車を走らせること小1時間。大多喜駅に到着。キハ52がスタンバイ中でした。

 110420dsc_7496a4scw

 小気味よいエンジン音が聞こえてきます。

110420dsc_7510a4scw

 呼ばれて出てきてジャジャジャジャーン!!!国鉄形気動車、カッコイイ!

110420dsc_7520a4scw

 入れ替え中

110420dsc_7531a4sc

 ホームに到着 さあ、試運転に出発!

 というわけで、この後、試運転列車の撮影に向かいました。続きは次回に。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑よかったら 是非 クリックをお願いします。m(_ _)m

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

祝 運転再開 常磐線特急 E653系を撮影

 復興へまた1歩前進!今日から常磐線特急が上野-高萩で運転を再開しました。そこで、653系を撮影しにでかけました。

110417dsc_7486a4scw

110417dsc_7487a4scw

 列車は10分ぐらい遅れてやってきました。久々に653系の姿を見ることが出来てよかったです。しかし、朝寝坊したため、651系を撮影できなかったのが残念です・・・。

 私が653系を撮影すると不思議とこの青い編成。ちなみに黄色の編成は撮影の機会に恵まれていません。

 震災から1カ月以上経過しましたが、今日の特急運転再開を見て一歩一歩復興に向けて進んでいることを感じました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑よろしければクリックお願いします

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

春の夜 桜と飯給駅

110412dsc_6972a4w

列車が過ぎ去った後、静寂がひろがる

ひっそりと咲くサクラと菜の花

春の夜の駅でのヒトコマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

飯給駅の夜桜

今年も恒例の飯給駅の夜桜に撮影に行ってきましたが・・・・

110410dsc_6955a4scw

 節電のためライトアップなし。まあ、これは致し方ないとして、ショックだったのが2本のサクラの状態が危機的であったこと。先端に花が殆どついておらず、花は地表から近い部分に集中して咲いていました。たまたま今年は花芽のつき方が悪かったのか?これから蕾が膨らんで咲き出すのか?それとも樹の状態が悪いのか?どれかが考えられます。

 近づいて枝を良く見ると、樹の上部には蕾は殆ど無く、花つきが悪くなるてんぐ巣病にけっこうやられていること、太い枝にはキノコがびっしりついていたので、樹が相当弱っているのではないかと考えれれます。樹が弱っていることで、花つきが悪かったのではないか?最悪、枝そのものが枯れてしまったかも?と感じました。

 このまま衰弱してしまうのか?とても気になります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »