« JR東日本 夏の臨時列車発表! この夏もあけぼの運転! | トップページ | 常磐線朝練 651系フレッシュひたちを撮る »

2014年5月28日 (水)

寝台特急トワイライトエクスプレス廃止で思ったこと

 朝から眠気がぶっ飛ぶニュースでした。とうとう廃止が発表されてしまいました。そのうち、北斗星とかも廃止が発表されるのでしょうね。

120108dsc_2286a4sc2w 

 すでにメディア・ブログで取り上げれれているので、トワイライトエクスプレスの廃止で思ったことを書きます。

 長距離寝台特急が都市間輸送の役割を担っていた時代はすでに遠いものになり、移動を楽しむ、旅のアトラクションのひとつという役割になったのは時代の流れだと思います。そうしたなかで登場した北斗星やトワイライトエクスプレス、カシオペアは人気列車となりました。

 人気列車になったのは、いつかは乗ってみたいという「憧れ」のほかに「頑張れば自分たちも乗ることができる」要素があったからではないかと思います。特に北斗星やトワイライトエクスプレスはB寝台もあって、ちょっと頑張れば乗れる列車であったことは、安月給の身分である自分の体験からも言えることです。 

 トワイライトエクスプレスの廃止が発表される数日前、JR西日本は豪華寝台気動車のイメージを発表しました。JR九州のななつ星に刺激されたのか、JJR東日本も同様のクルーズトレインの開発を進めています。

 これらに共通するのは「豪華」であり「非日常」の体験であり、対象者が「時間とお金に余裕がある人」つまり富裕層向けの列車であることです。

 たしかに、すごいなぁーと思いますが、あまりにも価格が高く、抽選倍率が高く、雲の上の存在の上にみえてしまいます。乗ってみたいという感情はあまり盛り上がりません。別世界の出来事、という感じでしょうか。

 そんなの安月給のお前が考えているだけだ!と言われてしまえばそれまでですが、でも、「頑張れば乗ることができる」という要素は、人気列車には大事な要素ではないかと思うのです。 

 考えてみてください。1回乗るのにウン十万の列車に何度も乗ろうと思いますか?確かに値段相応の設備とサービスでしょうが、あまりにも気合が入り過ぎ?「コテゴテの贅沢」で敷居が高いですよね。そんな感じですから、私はこれらクルーズトレインが「人生の終わりに、最後の贅沢で乗る列車」という位置づけになるのではないかなぁと思うのです。死ぬまでに1回ぐらい乗れるといいなぁという具合に。なんか、寂しいですね。 

 その点、トワイライトエクスプレスや北斗星、カシオペアはまさに「お仕事頑張ったからご褒美に乗ってみよう!」という列車だったと思います。ななつ星のようなクルーズトレインから見れば、設備・サービスは比較のしようがないレベルですが、誰もが手に届きやすい価格が人気列車となった理由に思えるのです。寝台列車がクルーズトレインという新しい形に発展することは、良いことだと思うのですが、もう少し、「この価格なら自分でも乗れるかもしれない」という「ほどほどの贅沢」を楽しめる列車があってもいいと思うのです。

 格差社会といわれて久しいですが、モノやサービスも富裕層向けとそうでない人向けとにハッキリ分かれる例を多く見かけます。将来的に寝台列車の旅も富裕層でないと楽しめないモノ、という位置づけになってしまうのでしょうか。「ほどほどの贅沢」を味わえるトワイライトエクスプレスなどが消えてゆくのは、本当に残念でなりません。

  豪華一点張りもひとつの答えでしょうが、こんな寝台列車というのもあってもいいように思います。

 私の親の世代は団塊の世代に当たります。座席の夜行列車で上京してきた人が多い世代です。そして寝台列車の黄金期を知っている世代です。そのjr世代は、子供のころブルートレインブームが巻き起こった時代を過ごしています。そしていまの子供の世代、3世代が寝台列車に乗りながら、自分たちの寝台列車に対する思いを話しながら旅をする。物質的な豊かさよりも心の豊かさや、世代の絆を深められる寝台列車があってもいいような気もします。(「儲からないからダメ」ですかね。) 

 というわけで、まとまりのない文章になりましたが、トワイライトエクスプレス廃止で思ったことを書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« JR東日本 夏の臨時列車発表! この夏もあけぼの運転! | トップページ | 常磐線朝練 651系フレッシュひたちを撮る »

01鉄道」カテゴリの記事

02鉄道ネタ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

トワイライトお前もかっ(@ ̄□ ̄@;)!!。

まあベース車輌が車輌ですし(-_-;)。

日本国内から寝台列車が次々と消えて寂しい限りです。(北斗星・カシオペアもヤバい。)

新幹線が全国で整備され早く移動出来便利ですが、旅情もへったくれも無く味気なく感じるのはオイラだけ?(・_・;?。

汽車には汽車の良さが有りますが、鉄道会社は豪華さを求め始め、本来の目的を忘れているのは?(富裕層目当ての魂胆が見え見え。)

「永遠イライト」お疲れ様。寝台列車よ永遠なれ。

投稿: 飯塚 | 2014年5月29日 (木) 12時05分

本当に淋しい限りです。
旅情を誘う列車、すごい商品価値だと思うのですが。やっぱり寝台特急は時代遅れの厄介者なんでしょうか。
寝台特急よ、永遠なれ。
寝台特急に乗ることができた我ら世代に乾杯!万歳!
追記
せめてSL用の客車ぐらいは真面目に手を打ってほしい。

投稿: ばんばん | 2014年5月30日 (金) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177746/59721572

この記事へのトラックバック一覧です: 寝台特急トワイライトエクスプレス廃止で思ったこと:

« JR東日本 夏の臨時列車発表! この夏もあけぼの運転! | トップページ | 常磐線朝練 651系フレッシュひたちを撮る »