« 18きっぷで小田原へ② | トップページ | 北関東撮り鉄遠征~カシオペア・北斗星・EF6652HMつき・DLレトロ碓氷 »

2014年9月15日 (月)

18きっぷで小田原へ③

 小田原市内をぶらぶら歩いた後は箱根登山鉄道に乗りました。フリー切符を買い求めて、強羅へ向かいました。というより、車内が激混みで途中で降りにくい状態で終点まで行ってしまったというのが本当のところです。

Img_5727w

 箱根湯本までは小田急1000形に乗りました。ずいぶん前から小田原~箱根湯本は小田急車の担当になっていたようです。(この日まで知らなかった・・・)

Img_5724w

 車庫がある入生田からは3線軌条になります。登山鉄道のみどころのひとつです。

 箱根湯本で箱根登山鉄道の車両に乗り換え。無事に座席をゲット!「さあ、楽しい登山鉄道の旅が始まるよ、ワクワク」と思いましたが、混んでいて暑い上に子供数人ががワーワー泣きわめいていて精神的に参ってしまいました。これが影響したのか、この先あちこちでトラブルが発生します。

Img_5738w

 乗った車両は昭和25年生まれ、今は無き汽車會社製造です。

Img_5739w

 強羅で乗ってきた列車を見送りました。個人的にこの車両はお気に入りです。

Img_5742w

 山小屋風の駅舎がかわいいです。強羅からケーブルカーに乗って早雲山へ。このケーブルカーも通勤電車並みの混雑。箱根の集客力ってすごいなぁと体感。

 早雲山駅からは再びケーブルカー・登山電車に乗って小田原に戻ります。途中下車することもなく、単純に登山電車に乗っただけでした。

 途中、早雲山駅でビニール傘を置き忘れてきたことに気づきました。これが前述したトラブルの1つ目。

Img_5822w

 箱根の山を縫うように走り抜けます。急カーブを曲がるときは箱庭鉄道みたいな感じです。

 箱根湯本に着き小田原行きの電車に乗りましたが、箱根にきて温泉に入らないのはどうだろう?と思い、途中で箱根湯本に戻り、箱根湯寮という立ち寄り湯に行きました。帰りの時間を考えると長居はできず、入湯料1400円がちょっと高かったなぁという感想となりました。露天風呂のお湯も温かったし・・・。これがトラブル2つめ。トラブルというよりガッカリか?

Img_5882w

 小田原に戻って東海道線で大船へ。大船の乗り換え時間で名物駅弁「鯵と小鯛の押し寿司」を購入。大船からは君津まで直通の列車に乗りました。駅弁を食べながらゆっくり座って君津に戻るだけ、安心したのも束の間、東京駅につくと・・・

「この先、新小岩駅で人身事故発生のため運転再開までに時間がかかります」

 え~っ!ここへきて抑止かい!でも帰るだけだし、グリーン車だし、どうにでもなれという気分でいたら・・・

「本日に限りこの列車佐倉行きに変更します。君津へは参りません」

 オイオイ、せっかく奮発してグリーン車乗ったのに・・・。これがトラブル3つめ。最後の最後でトラブルに見舞われるとは・・・。結局列車は東京駅で約50分、馬喰町で約20分抑止、1時間以上遅れて運行再開。千葉に着くと内房線ホームは人で溢れかえっていました。なんでも今度の電車は幕張から回送で来るので、先ほどの人身事故の影響でいつやってくるのかわからないとのこと。心身ともに疲れた体にとどめを刺されたような気分になりました。

 このあとやっとの思いで君津へ戻ってきました。

 今回の旅は小田原市内まではいい旅だったものの、その先はトラブル続き。参ったなぁと思いましたが、あまり欲張らないぐらいがちょうどよいという教訓を得たような気もします。

 

おしまい

 

 

 

 

 

|

« 18きっぷで小田原へ② | トップページ | 北関東撮り鉄遠征~カシオペア・北斗星・EF6652HMつき・DLレトロ碓氷 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

01鉄道」カテゴリの記事

61旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177746/60317702

この記事へのトラックバック一覧です: 18きっぷで小田原へ③:

« 18きっぷで小田原へ② | トップページ | 北関東撮り鉄遠征~カシオペア・北斗星・EF6652HMつき・DLレトロ碓氷 »