« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月27日 (日)

3/26 TDR臨 583系わくわくドリームとE653系1000番台

 3/26 北海道新幹線の開業日&ダイヤ改正当日。当初の予定では上越線に出撃して、C6120と旧客による「SLレトロみなかみ」を撮影するはずでしたが、迂闊にも仕事の打ち合わせを入れてしまったので、仕事に影響が出ないTDR臨の撮影にいってきました。

 前回と同じく市川塩浜での撮影を考え、前回と同じ時刻に現地着。余裕で場所ゲットと思いきや、すでに10名ほどが準備中。で、クレーン屋の大型クレーンが相変わらず大股開きで居座っていたので、他の場所で撮影することに。

 隣駅の新浦安に行くと、幸いなことに場所が開いていました。ここで撮影しようかと思いましたが、過去の実績からいくと新浦安はモロ被りに遭う確率が非常に高い。しばらく悩みましたが、一か八か出たとこ勝負で新浦安で撮影することにしました。

 空は予報通りの曇り空。おまけに寒い。朝っぱらから何やってんだろう?と自問自答しながら、583系がやって来るのを待ちます。

 で、舞浜方に583系を確認すると「間もなく3番線に電車が参ります」のアナウンス。いや~、これは被られるな、と思いましたが・・・。

160326dsc_1570a4scssw

 運よく撮影ができました。この直後、東京行きの電車が出発。間一髪というタイミングでした。583系は前の電車の発車が遅れたせいか、非常にゆっくりとしたスピードでやってきました。東京行き上り列車が通過した後で、583系の後追いが撮影できるぐらいのゆっくりとしたスピードです。

 ゆっくりとしたスピードのお蔭でカツカツな1枚も撮れました(笑)。

160326dsc_1571a4scssw

 この583系の通過時だけ、雲の合間から弱いながらも日が射しました。今回は幸運にも恵まれました。

 さて、いつもならここで撤収となるところですが、「フルーツ牛乳」がやってくるので、怖いもの見たさで残留することに。

160326dsc_1587a4scssw

 その前に205系を撮影。空は再びドン曇り。時間が経つにつれ、どんどん暗くなっていきました。そんななか、「フルーツ牛乳」登場!

160326dsc_1592a4scssw

 久々のE653系との再会。見るたび、元の塗装に戻してほしいと思うのは私だけか?

 今回の撮影では583系を待っている間に209系も捕獲できました。

160326dsc_1549a4scssw

 以上で本日の撮影は終了。打ち合わせ先に向かいました。打ち合わせから戻ると雲が多いながらも晴れ間が・・・。どうして583系の時にこの空が広がっていないのかなぁと思いました。世の中そんなもんだなぁ・・・。

 次回、撮影可能な時間帯に583系が上京してくるのはニコニコ超会議号の時。この列車、どんな経路で海浜幕張へ向かうのか、興味津々です。単純に新鶴見から武蔵野線をぐるりと回って海浜幕張へ向かうのか、昨年の品川発と同じ経路で海浜幕張へ向かうのか、などなど。次号のDJ誌に掲載されることに期待!

 最後に、新浦安で撮影するのは博打だなぁと改めて認識しました。

 

続きを読む "3/26 TDR臨 583系わくわくドリームとE653系1000番台"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月24日 (木)

大阪で103系を撮影

 前記事500系を撮影した後は、調査で大阪市内をあちこち歩きました。行きがけに103系に遭遇。関西では103系がまだ現役なんですね。103系を見たのは約10年ぶり。ちょっと感動しました。

160313img_0325a4scw

 まずは大阪環状線。オレンジの103系を見るのは武蔵野線以来です。ちょっと顔つきは変わっていますが、懐かしさを感じます。

 天王寺では阪和線の103系を撮影。

160313img_0361a4scw

 103系といえば、やっぱりこの顔です。

160313img_0365a4scw

160313img_0381a4scw

160313img_0388a4scw

160313img_0395a4scw

 阪和線はこの春から新車が投入され、103系は置き換えられるので、コンデジで駅撮りとはいえ記録が出来たのはヨカッタです。

 願わくは走行シーンを撮影に関西へ行ったみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

500 TYPE EVA  500系に久々の再会

160313img_0288a4scssw

160313img_0280a4scw

160313img_0291a4scw

 関西出張の折、新大阪で500 TYPE EVA になった500系を見物しました。

 エバンゲリオンはイマイチよくわかりませんが、写真を撮る人で500系の周りは人が引っ切り無しにやってきました。エバンゲリオンの人気の高さを認識しました。そして、500系は歴代新幹線車両で一番スタイルの美しい車両だなと改めて思いました。

 次回、願わくはオリジナルの500系に会いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

さようなら寝台特急カシオペア ファイナルランをヒガハスで

 とうとうこの日がやってきました。ファイナルランはヒガハスで撮影しました。

160321dsc_1516a4scssw

 上野から始発に乗ってヒガハスヘ向かいましたが、6:00頃現場到着で30名ほど居たと思います。その後は時間が経つにつれ、人はどんどん増えて、ヒガハス一帯は300名位は居たかと思います。パトカーも頻繁に一帯を巡回。しかし、現場は落ち着いていて、迷子が出た以外は特にトラブルもなく、のんびりした雰囲気でした。

 8:50過ぎ、長い汽笛を数度鳴らしながらカシオペアは登場しました。おそらくギャラリーがいる場所を通るたび鳴らしているのでしょう。電気機関車特有の甲高い音色とあわさって、それが最後の挨拶のように聞こえました。

 車内からは手を振る人が多かったように見えました。こちらも手を振ってカシオペアを見送りました。

 で、カシオペアが通過してすぐ下り線を回送列車が通過。この下り列車タイミングによっては「裏被り」の可能性があっただけに、一部の撮り鉄からは拍手が湧き上がりました。

 天気は残念なことにドン曇りでしたが、寝台特急カシオペアの最後を見届けることができたのでヨカッタです。でも、上野発の寝台特急が無くなることを思うと、残念。複雑な心境です。

 カシオペアは6月にツアー列車として復活予定で、DJ誌によれば青函区間はEH800・函館以北はDF200とあります。本州はEF510-500に代わってEF81になるのでは?という話もありますが、真相はいかに。こちらは運転再開までの楽しみにとっておきましょう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

3/17 寝台特急カシオペアとEF6630の3064レを撮影 in蒲須坂

 3/17 仕事の段取りが上手い具合についたので、急遽午前中だけ代休を取得。残り少なくなった寝台特急カシオペアを撮影してきました。今回もバカの一つ覚えで蒲須坂の鉄橋での撮影です。

 この日は彼岸の入り。「暑さ寒さも彼岸まで」と昔から言われていますが、ポカポカ陽気の中での撮影でした。

  カシオペアの2本前をゆく普通列車が線路内立ち入りの影響で5分ほど遅れていましたが、カシオペアは定刻通りやってきました。

160317dsc_1391a4scss4w_2

 この日は那須の山々がクッキリと見え、気持ちの良い青空が広がっていました。

 このあと、3064レがEF66-30でやってくるのでしばらく待ちます。待っている間は金太郎を2本撮影。

160317dsc_1420a4scssw

160317dsc_1451a4scssw

 3064レがやってくる時刻が近づくと人が増えてきました。国鉄形電機は人気がありますね。人は増えたといってもマッタリとした雰囲気での撮影。

160317dsc_1468a4scw

 撮影後は急いで撤収。会社へ直行しました。

 そこそこ満足の撮影でしたが、残念だったのは、矢板TSでモツ煮定食を食べ損ねたことでした。

 本日、最後の上野発となる寝台特急カシオペア。あいにくの天気ですが、多くのファンが見送るのでしょう。私は明後日の最後の上り列車を撮影に行く予定です。さてさて、どこで撮影しようか?

 

 

 

 

続きを読む "3/17 寝台特急カシオペアとEF6630の3064レを撮影 in蒲須坂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

5月以降も運転 583系わくわくドリーム号

 秋田支社のHPに5月以降のわくわくドリーム号運転日が発表されています。

 http://www.jreast.co.jp/akita/view/dantai/panf/waku201605.pdf

 秋田発 5/20 6/17 7/15 9/2 9/16

 ほぼ月1ペースで上京してきます。

 今月はあと2回わくわくドリームとしてやってくる予定なので、今年は結構な頻度で上京してきますね。

 日が長くなるこれからのシーズン、撮影には最適な時期なので、あとは天気がよいことを祈りましょう。

 ただ、今週の土曜日はどうも天気があまり良くないみたいですね。残念。

150314dsc_0039a4sc2w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土)

久々の撮影 583系わくわくドリーム 

 今日は急行「伊豆・箱根ものがたり」がありましたが、私は久々のわくわくドリームの撮影に出かけました。

 寒さのなか頑張って早起きしたものの、僅差で始発電車に乗り遅れるという失態。意気消沈。気を取り直して市川塩浜駅へ。現場に到着すると5名ほどの方が準備中。思ったより人が多いなぁと感じながらも、撮影場所を確保。

 あとは583系がやって来るのをひたすら待つだけ。しかし、3月の中旬とはいえ、真冬に近い寒さ。おまけに空は曇り空。そしてどういう訳か、今日に限ってクレーン屋の大型クレーンが、存在を誇示するかのような大股開きでドカーンと視界に飛び込んできます。なんか、最悪・・・。

 205系や高速バスにやられっ放しの房総特急を撮影して時間をつぶします。アングルは大股開きのクレーンが入ってしまうけど、いつものお気に入り構図で撮影することに。

160312dsc_1284a4scssw

 この構図だとクレーンが入らなくていいのですが、6連だとスカスカになるので、この構図は諦めました。

160312dsc_1301a4scssw

 クレーンが入るのは仕方がないこと、と割り切ってこのアングルで撮影。久々にメルヘン顔の205系を撮影しました。

 で、待つこと1時間弱。ようやく583系が登場!雲の間から太陽がのぞき、明るい空に!しかし・・・

160312dsc_1324a4scssw

 空は曇り、列車にクレーンが微妙な位置に重なるという結果に・・・。南無。次の一コマは超カツカツながらも、なんとか画角に納まった感じ。

160312dsc_1325a4scssw

 うーん、この2枚の間ぐらいの位置で仕留めたかったです。ちなみに列車通過5分後、空は晴れてきました。(泣)。世の中そんなもんだ。

 画像ソフトでクレーンの一部を消してみましたが・・・

160312dsc_1324a4scss2w_2

 なんか余計にビミョーな感じに。

 帰りの途中、西船橋で快速南房総満喫号を撮影。

160312dsc_1343a4rcssw

 久々にピカピカの583系を見ることができたのは良かったけど、消化不良な撮影に終わりました。

 明日は残り少なくなった寝台特急カシオペアを撮影行こうかと考えていましたが、天気がイマイチのようで。このところ週末は天気が悪いので、イラッときますね。まあ、世の中こんなもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

2月の蒲須坂 寝台特急カシオペア撮影のまとめ

 2月はカシオペアの撮影で3回、蒲須坂の荒川鉄橋まで出撃しました。ほぼ10日おきの撮影でしたが、3枚の写真を見比べると、たったの10日で光線状態が大きく変わることが分かります。

まずは2/7 日の出時刻(宇都宮) 6:38 方位108.9°

160207dsc_0882a4scssw

※邪魔なので機関車背後から飛び出した架線柱を消しました(^-^;

続いて2/18 日の出時刻6:26 方位104.3°

160218dsc_1031a4rcw

※中途半端にHMに雪がついていなければいい感じだったのに・・・(ノ_-。)。

最後に2/28 日の出時刻6:14 方位99.7°

160228dsc_1201a4scw

※たった10日で随分と印象が変わるものです。正面への光線が弱くなりました。

 列車はいずれもほぼ定時で通過でした。この3枚の中では2/7頃がベストな1枚というところでしょうか。1月は鉄橋に影が落ちるので、2月に入ってからこの鉄橋ポイントに行ってみましたが、ベストな時期は2月上旬までのようです。

 では、来年に再チャレンジ!と行かないので、もっと昔から撮影しておけば良かったなぁと思いました。

 でも、しばらく時間が経てばいい思い出になるのかな?だとすれば、3回も撮影に行けただけ良かったのかも。

 光線条件は別として、寝台特急としてのラストランまでにあと1回ぐらいは撮影に行ければいいなぁと。でも、明日は天気が悪いようで・・・。選りによって日曜日に天気が悪いとは・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

北海道知事らが豪華寝台列車構想 調査費を計上

 今朝(3/3)の朝日新聞に驚きの記事が!なんと北海道が27年度補正予算に豪華寝台列車の調査費を計上したと報じています。

http://www.asahi.com/articles/DA3S12238152.html

※会員登録しないと全文は読めません。読みたい方は登録するか図書館へGO!

記事を要約すると

  1. きっかけは道北・道東地方の町村会が、北海道にもななつ星のようなものを作れないか?と要望したことがはじまり
  2. JRに車両製造の余力はない 北海道も財政が厳しいので難しい
  3. そこで4月から導入予定の企業版ふるさと納税を活用し、旅行や観光関連企業から寄付を募り、道東・道北を組み合わせた観光周遊ルートを構築

というわけで、車両新造に余裕がないJRに代わり、北海道主導で車両新造ができるかどうか検討を始めたということです。

 最近ではクラウドファンディングを通じて、個人から広く集める方法もありますから、色々と解決しなければならない課題があるにせよ、やり方によっては実現可能なのかもしれません。

 鉄道ジャーナリストの梅原氏は優先乗車の特典をつければ個人からの幅広い支援も見込めるとあります。

 もし、実現すれば道北や道東は自然と食を中心とした観光資源が豊富ですし、国内外問わず注目をあつめるのではないでしょうか。

 できることなら、ななつ星や瑞風、四季島のようなベラボウな金額ではなく、お仕事頑張れば、家族で乗車できるぐらいの価格設定をお願いしたいところです。

 あ、E26系カシオペアを流用・改造すればいいのか?なんちゃって。

120105dsc_1972a4scw

 北海道の豪華寝台列車、実現するといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

常磐線 2020年春 全線開通

常磐線が2020年春に全線で営業を再開するそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160301-00000077-nnn-pol

安倍が首相が3/5に福島県を訪問する際に表明するとのこと。

まだまだ先の話ですが、全線再開が待ち遠しいです。いわき-仙台間の特急列車も復活となるのか?気になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »