« わくわくドリーム号撮影 | トップページ | EF8181牽引 カシオペア紀行を撮影 »

2016年6月 5日 (日)

撮り鉄追想記~1 常磐線①

 このブログも開設から10年が過ぎました。これを機に、これまでの撮り鉄活動を振り返ってみようと思いました。

 第1回目は管理人の出身地を通る常磐線について取り上げます。そのなかでも通勤形・近郊形について振り返ってみようと思います。

 10年前、常磐線ではこんな車両が最後の活躍をしていました。

060312dsc_63162lscssw

2006.3.12 松戸~柏(新松戸)

 103系です。かつては1大勢力を築いた103系。常磐線から消えて10年が過ぎました。バリエーションが豊富で撮影していても楽しい車両でした。MT55のモーター音を唸らせながら時速100kmでかっ飛ばすシーンは今でも脳裏に焼き付いています。

 このころは撮り鉄を再開したころで、串パンやタイガーロープなど気にもせずに撮影していました。カメラはD70。今思えば、秒3コマでよく頑張ったもんです。

 103系が引退したのは2006年。その1年後には415系が上野口から引退となりました。最終日には引退を記念するHMが取り付けられました。

070317dsc_30432lscssw

2007.3.17 牛久-佐貫

 1500番台は茨城県・福島県で活躍していましたが、6/25にさよなら運転となりました。

101107dsc_4874a4scssw

2010.11.07 草野-四ッ倉

 写真は2010年11月、草野-四ッ倉で撮影したもので、最後の415系撮影となりそうです。この4か月後に東日本大震災がやってくるとは夢にも思わなかったです。震災から5年が経過した今でも常磐線は全線で運転を再開できずにいます。

 地下鉄乗り入れ用では203系・207系900番台が鬼籍に入りました。今ではE233系1000番台が主力となって活躍しています。

090523dsc_3380a4rcssw

2009.05.23 松戸-金町

110904dsc_9929a4scssw

2011.09.04 亀有-金町

 203系が引退してから5年近くが経つと思うと、時の流れは容赦なく早いものだと実感。

 こうして振り返ると、昔の電車は色々な車種があって、楽しかったなぁと思う次第。そういえば、最近常磐線の車両を撮影していないなぁ・・・。

 

 

 

 

 

|

« わくわくドリーム号撮影 | トップページ | EF8181牽引 カシオペア紀行を撮影 »

01鉄道」カテゴリの記事

06撮り鉄追想記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177746/63683930

この記事へのトラックバック一覧です: 撮り鉄追想記~1 常磐線①:

« わくわくドリーム号撮影 | トップページ | EF8181牽引 カシオペア紀行を撮影 »