« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月20日 (日)

DF50がいた! 鉄道歴史パーク in SAIJO

 高松駅で撮り鉄をしたあとは、特急列車に揺られて伊予西条へ。待ち人が遅れてやって来るというので、これ幸い、駅前にある鉄道歴史パーク in SAIJOに立ち寄りました。

Img_20161013_112050w

 入り口でスリッパに履き替えて中に入ると0系とDF50がお出迎え!!!

 0系は新幹線の生みの親である十河信二と縁があることから展示されています。(カットモデルなのが残念・・・)

 DF50をナマで見たのは今回が初めて。管理人がガキの頃は寝台特急富士を牽引していました。

 DF50、動態復活しないかな?

Img_20161013_113558w

 らせん階段からも観察できます。車内も立ち入りok!

Img_20161013_111944w

 壁に飾られたサボとヘッドマークです。

Img_20161013_114024w

 跨線橋を渡ると南館があります。屋外にはFGTが展示されています。

Img_20161013_114637w

 室内には鉄道模型とキハ65・DE10・C57が展示されています。

Img_20161013_114546w

Img_20161013_114449w

 JR東日本や西日本、東海の鉄道博物館と比べるととても小さいですが、四国の鉄道博物館としての機能はしっかりしているかなと感じました。

 おそらく自治体が管理しているのでしょうが、末長く人々から親しまれる、四国の鉄道の歴史を伝える博物館として機能してほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

高松駅で撮り鉄

 先月四国に行った際、高松駅で撮り鉄をしました。

Img_20161013_073425w

 JR四国オリジナルの電車 7000系 クリソツが一畑電鉄でデビューしますね。

Img_20161013_073656w

 8000系の並び。なんか新幹線みたいです。四国に新幹線が到達する日はやってくるのでしょうか?

Img_20161013_073858w

Img_20161013_073530w

 121系電車です。いまだ現役!

Img_20161013_093723w

 121系のオリジナルカラーです。

Img_20161013_074028w

 マリンライナー5000系電車です。厳つい顔です。

Img_20161013_092210w

 2000系気動車も活躍中!

Img_20161013_093120w

Img_20161013_093222w

 短時間でしたが、色々な車両を見ることが出来ました。

Img_20161013_092356w

 このあと「いしづち」に乗って伊予西条へ向かいました。2両編成の特急列車にビックリ!松山まで2両かと思いましたが、宇多津で岡山からの「しおかぜ」を連結することに後で気が付きました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

いすみ鐡道 乗車記 大多喜⇒上総中野

あのさー、なんで明日は雨なのさ。583系が上京してくるのにさぁー。

愚痴はさておき、話をタイトルの内容に変えましょう。

「いすみ鐡道 キハ52に初乗車」の帰りは黄色いキハに乗って上総中野にもどりました。

車内は空いていましたが、殆どは観光客でした。

Img_20161023_123758w

 大多喜を出ると左側にお立ち台スポットであるイチョウと祠が見えます。何度か撮影に行っていますが、車内から見ると新鮮な風景に思えました。今頃は黄色く紅葉していて綺麗かもしれません。

Img_20161023_123807w

 ムーミンパパとママです。ムーミンやフローレン(私の世代的にはノンノン)、ミー、スナフキンなどムーミンキャラクターが窓を飾ります。車窓によってはムーミン谷の風景かな?と思うシーンが。シールを貼っただけですが、効果は抜群ですね。

Img_20161023_123812w

 スマホなんか見ている場合ではないです。

Img_20161023_124429w

 関東唯一?の秘境駅久我原駅です。

Img_20161023_125736w

 あっという間に上総中野に到着。このキハ顔の新車、最新鋭のディーゼルカーですが、雰囲気は長閑なローカル線に似合う国鉄っぽい、なかなか良くできたディーゼルカーです。

Img_20161023_125807w

 ムーミンキャラクターです。個人的にはスナフキンに憧れますね。

 房総の里山も紅葉が美しい季節になりました。今度の日曜日あたり、出かけてみようかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

【ことでん】初乗車・初撮影

 サンライズ瀬戸で高松に到着した後、高松で少々時間が出来たので【ことでん】こと高松琴平電鉄に初乗車・初撮影!

 当ブログ、開設10年を経て初の四国ネタです!

 まずは高松駅から歩いて数分。高松築港駅へ向かいます。そこから電車に乗って瓦町駅へ。ことでんのターミナルだけあって、色々な電車が次々とやってきます。

Img_20161013_080405w

 元名古屋市交通局の車両が元気に活躍。小ぶりな車体のせいか、可愛らしい電車です。

Img_20161013_080653w

 この車両は増結用なんですかね。隣の車両と行き来ができない構造でした。

Img_20161013_080507w

 手作り感がたまらないアンケートボックスです。

 時間の都合でわずかな滞在時間で高松築港駅に戻りました。ちょっと残念。

 ことでんでは昭和の名車が大活躍!昭和世代には懐かしさでいっぱいです。

Img_20161013_082139w

Img_20161013_082336w

Img_20161013_082457w

Img_20161013_083042w

 ことでんには大正生まれのレトロ電車もあるので、機会があればまた再訪したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

11/5 583系 わくわくドリーム

 昨日は583系わくわくドリームを撮影してきました。前夜の予報では朝から晴れというので京葉線で駅撮りを考えていましたが、朝起きるとドン曇り。予定を変更して武蔵野線沿線で撮影しました。さてさて結果は・・・。

161105dsc_1184a4scw

 まさかのゲバ棒トラブルで痛恨のミスショットに・・・。おまけに露出が厳しく、戦果としては散々でした。

 引退も噂されているだけあって、今回のミスは正直、堪えました。次回は11/19に運転予定。次こそはトラブルなく決めたいところですが、晴れるとド逆光になるので、次回もここで撮影できるかは?です。雨だけは勘弁してほしいですが、どうなることやら。もっとも2週間近く先のことを心配しても仕方がないのですが・・・。

 この日は「やまどり」も臨時列車として運転されました。

161105dsc_1165a4scw

 昼前からは急速に晴れて青空が広がってきました。天気は本当によくわからん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

いすみ鐡道 キハ52に初乗車

 先日、天気が良く他に何もすることが無かったので、いすみ鉄道に撮り鉄に出かけました。

 撮影ポイントに着き、カメラと三脚をセット。あとはキハがやってくるのを待つだけ、と思っていたら

 コンパクトフラッシュがカメラに入っていない!

 まさかのコンパクトフラッシュ入れ忘れ・・・。しばし呆然・・・。気を取り直してスマホで撮影するもあえなく撃沈・・・。

 せっかく来たのになぁ・・・。で、戦況をもりどんさんに報告すると、

 「撮れないなら、乗ればいいじゃん!」

 おー、さすがは年の功だけあって、的確なアドバイス。というわけで、キハ52のミニトリップを楽しみました。

Img_20161023_120237w

 上総中野でのヒトコマ。国鉄時代がよみがえった感じです。寅さんが出てきそうです。

Img_20161023_120512w

 キハ28はレストラン列車でしたので、今回はキハ52に乗車。恥ずかしながら、いすみ鐡道のキハ52に乗車するのは今回が初めてです!

Img_20161023_120827w

 国鉄時代の中吊りが掲示されています。年配者には懐かしく、若者には目新しい、さりげない、なんとも心憎い演出です。

Img_20161023_121103w

 車内補充券です。

Img_20161023_121852w

 車内放送はアルプスの牧場のオルゴールで始まりました。これまた鉄道ファンにはたまらない演出。最近の駅発車メロディーや車内放送のメロディーと比べると素朴な感じ。キハ52はエンジン音を響かせ、深山から長閑な里山へ走ってゆきます。緑の多い風景と車内に入るやわらかし日差しが、なんともいえない旅情を掻き立てます。

Img_20161023_123347w

 キハ52の走りを堪能しているうちに、あっという間に大多喜城が見えてきました。

Img_20161023_123455w

 大多喜駅に到着。

 ここでキハとお別れしました。

 今度は1日乗車券で大原-上総中野を乗り通してみようと思いました。

 「ここには何もないがある」

 乗車の感想は、いすみ鐡道のキャッチコピーにある通りです。

 気張らず、飾らず、欲張らず、素のままで楽しめる貴重な場所なんだなぁと。

 たまには頭も心も空っぽにして、リフレッシュするには非常にいいところだと思います。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

寝台特急 サンライズ瀬戸に乗車

 先日四国へ行く用事があり、サンライズ瀬戸号に乗りました。寝台列車の旅は久しぶり。当初は飛行機で出かけようと思いましたが、早割でも寝台列車と価格が変わらなかったこと、時間を有効に使えるので寝台列車で行くことにしました。

 しかし、切符を手配したのは出発の5日前。満席かな?と最寄駅のみどりの窓口でマルスを叩いてもらうと、B寝台「シングル」は幸い残席が20ほどありました。この時、寝台列車に乗れるということに舞い上がってしまい、席番を確認せず、駅員さんから渡されたきっぷを受け取って帰りました。

 寝台がとれてラッキーと思いましたが、指定された寝台は5号車11番。そう、台車の真上の寝台。これに気が付いたのは当日列車が入線した時。うーん。揺れそう、五月蠅そう・・・。

 といっても、今更変更という訳にはいかないので、寝台列車に乗って高松へ行きました。

Img_20161012_215037w

 285系。乗るのは初めて。登場から18年。そんなに経っているんだぁ!と驚きました。私的にはまだまだ登場して数年という感覚です。

 22:00近くとはいえ、東海道線ホームは家路につく人たちで溢れていました。一番搾りとおつまみを購入して寝台へ。

Img_20161012_215632w

 グッドデザイン賞を受賞しているだけあって、室内は快適でした。狭さを感じず、機能的に配置された個室寝台です。Mウッドで仕上げられた内装は温かみがあります。24系や583系と比べると、隔世の感があります。これなら女性も安心して寝台列車を利用できます。もちろん、部屋は鍵がかかります。

 22:00定刻通りに列車は出発!車内チャイムはハイケンスノセレナードではなかったのがちょっと残念。通勤列車を追い抜くときは、ちょっと優越感を味わいました。

 ビールを飲んだら眠くなってきたので、早々と就寝。しかし、台車の上とあって良く揺れる揺れる・・・。正直、あまり熟睡できなかったです。寝台を予約するときは席番を調べたうえで予約するのが一番です。

 結局、早朝の大阪駅で目が覚めてしまい、そのままぼんやりと車窓を眺めていました。

 岡山に到着するとサンライズ出雲号との切り離しが行われます。

Img_20161013_062829w

 早朝なのに、ギャラリーの数がスゴイです。作業は数分であっけなく終了。

 岡山を出発し、児島を過ぎるといよいよ瀬戸大橋です。瀬戸大橋を渡るのは約28年振り。四国へ行くのも約28年振り。

Img_20161013_070032w

 残念ながら天気は曇り。列車名のように朝日を見たかった!

Img_20161013_073257w

 定刻通り高松に到着。もう少し乗っていたい、後ろ髪ひかれる思いで列車を降りました。

 あまり熟睡できませんでしたが、設備自体は非常によく、快適に過ごせました。寝台列車の旅はいいなぁと改めて実感しました。寝ている間に目的地について時間を有効利用できる寝台列車は、もう少し見直されてもいい様に思うのですが、オトナの事情で難しいのでしょうね。今度は乗車時間が長いサンライズ出雲号に乗って旅してみたいと思いました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »