« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月30日 (土)

武蔵野線経由となった1091レを撮影

年度末の休日。久々に上越線のSLを撮影しようかと思っていたが、天気が悪いというので断念。今年は何かアクションを起こそうとすると、天気を含めいろんな妨害?が入ってくる。そんなに日頃の行いが悪いのかなぁ・・・。ぼやいていても仕方がない。気分転換にちょっと撮り鉄ということで、武蔵野線経由になった1091レを撮影しに出動!自宅を出て船橋法典へ車で向かったのだが、あちらこちらでサクラが満開だった。途中、道が混んでいたものの、11:50頃到着。場所を確保して1091レがやってくるのを待つことに。

1091レが来る前に、武蔵野線電車で練習をしたが、来るのは209系ばかり。205系が希少種になりつつあることを実感。待つこと30分強。遠くに2灯の光が見えてきた!

W190330dsc_7520_00012s

2081号機牽引でやってきました。出場して間もないので、きれいな姿です。12:31頃通過。貨物ちゃんねるの時刻より遅かったです。

この後8685レを撮影しようと思いましたが、残念なことにウヤ。ならば4095レでもと思いましたが、駐車券を見ると、そろそろ料金単位の60分が経過しそうだったので、撤収することに。まあ、EF210だし。というより、駐車料金数百円を節約しなければならない、自分のお小遣い額が情けない。

せめてもの慰めか?1091レの後にやってきた列車は205系の幕車!

W190330dsc_7531

ジャカルタの地でも頑張って欲しい!

※タイトル、本文ともに列車番号間違えていたので訂正しました。ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

今年初の朝練 「カラシ」が牽く1093レ

最近、日の出が早くなったせいか、外の明るさに反応して?朝早く目が覚めるようになりました。前夜に貨物ちゃんねるを見ていたら、1093レにカラシが入るので、今年初の朝練をしました。

W190328dsc_7492_00011s2

ハイビームでやってきました。天気予報は「曇り」といっていましたが、東の空には太陽が・・・。晴れるならば他の場所にすれば良かったかなぁ・・・。

この1本前のカモレ 88レはブルサンのトップナンバーでした。

空が明るかったとはいえ、まだまだ露出は厳しいとう感じでした。本格的な朝練は4月中旬ぐらいからでしょうか?

朝錬の後はいつも通り仕事に向かいました。

190330 タイトル、本文ともに列車番号を間違えていたので訂正しました。ごめんなさい。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

経路変更となった1091レといつも通りの75レを撮る

ダイヤ改正後初の撮り鉄。今回の改正で新金線から武蔵野線経由に経路変更となった1091レを撮影に出動しました。
W190321dsc_7406
 午前中は天気が悪く、この時は雨が降ったり止んだり。このあと直ぐに上り普通列車が通過!間一髪、被り回避でした。あー心臓に悪い。
 天気悪いし、荷は少なし、お彼岸で道は混んでいるだろうから、船橋法典へ追いかけはせず、一旦帰宅。
が、1時間後にはきれいな青空が・・・。あーあ、なんてこった。貨物ちゃんねるをみると75レが国鉄色PFで上って来るので、再出動。
W190321dsc_7425_00012s
 ちょっと上がカツカツ。なんてこった。風がビュービュー吹いて結構難儀でした。僅か数時間でこんなに天気が変わるとは!
 1091レの経路変更がありましたが、今年も自宅から近い範囲で国鉄色PFを撮影できる機会があるので、ちょくちょく撮影しておこうと思います。
肉離れも快方に向かっているし。
 今日は東京でソメイヨシノが開花したとのこと。いよいよ春本番ですなぁ。
 あ、ココログの編集画面が大幅に変わっているじゃん!13年近く同じ操作に慣れているからなぁ。新しいのに慣れるまで時間かかりそう。
(というか、この記事書くのに手こずっているし・・・ 改行位置メチャクチャだし 使いづらい 元に戻せ!)


| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

あれから10年 富士・はやぶさ 廃止

 今から10年前の2009年3月14日。この日の到着を以て寝台特急「富士・はやぶさ」は廃止となり、九州ブルトレが全滅しました。

 もう10年なんですねぇ。

W090308dsc_2135a4s

 管理人が最後に撮影した富士・はやぶさです。2009年3月8日に蒲田-大森の歩道橋での撮影です。

 このあとEF6642は3/13発 上り列車のファイナルランを務めました。

 今、昔に録画したNHKの番組「特集ドキュメント にっぽんの現場 寝台特急ラストラン」を見ながらこのブログを書いています。久々に見ていますが、いい番組ですね。残り少なった富士・はやぶさの乗客や乗務員を淡々と丁寧にまとめています。ぜひぜひ、後世に残してほしい番組です。

 2009年のダイヤ改正では寝台特急「あけぼの」の牽引機がEF64の0番台に変更となり、多くの撮り鉄を楽しませてくれました。しかし、それも束の間。北陸・あけぼの・北斗星と次々にブルートレインが消えていきました。

 ブルートレインではありませんが、寝台特急サンライズ出雲・瀬戸がまだあります。今年は機会を作って乗ってみたいなぁと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月 9日 (土)

祝 開業40周年! 北総鉄道 記念HM付7500形

 3/9は北総開発鉄道(現:北総鉄道)の北初富-小室が開通した日で、今年で40周年を迎えました。40周年を記念して本日から記念HMを取り付けているというので、撮影に出かけました。肉離れ後のリハビリ?も兼ねた撮り鉄にはちょうこいいネタでした。

W190309dsc_7311_00013s

W190309dsc_7351_00014s

W190309dsc_7370_00011s

 記念マークは7500形3編成すべてに取り付けられていました。3編成であれば捕獲率は高いですね。マークの中央に描かれた「40」が誇らしげです。

 北総線といえば予定通り進まなかったニュータウン開発、高い運賃、経営問題など様々な問題を抱えていますが、沿線の通勤通学輸送の他、成田空港へのアクセスルートとしても機能する重要な路線です。様々な困難を乗り越えて迎えた40周年。近年では沿線の印西市が住みやすい街として人気が出ています。これからの発展に大いに期待したいと思います。

 そういえば、昔、まだ北総線が松戸へ乗り入れたいた頃、母親と弟3人で北総線に乗りに行ったことがあります。新京成の吊りかけ電車に揺られて小室まで乗車しましたが、緑豊かな広々とした街並み環境の良さを見た母親が千葉ニュータウンに引っ越したいなぁと言っていたのを思い出しました。

 当時、小児ぜんそくで苦しんでいた自分のことを思って母親は千葉ニュータウンへの引っ越しを父親に言ったようですが、父親は「あんな不便なところ冗談じゃない!」と激怒。結局、千葉ニュータウン移住計画は没となりました。引っ越していたらどんな人生になったのかなぁ?そんなことを思いながらの撮影でした。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 4日 (月)

肉離れで思う 駅のバリアフリー

 情けないことに、約2週間前に肉離れを発症してしまった・・・。原因は発車間際の列車に乗ろうとダッシュしたからである。おかげで、撮り鉄などには行けず、しばらく鉄分不足の状態。よってこのブログもネタがなく、休眠状態が続いていたわけ。

 足を引きずりながらも歩けるのだが、やはり痛いし、これ以上受傷部分を傷めたくないのでエスカレーターやエレベーターのお世話になるわけだが、意外や意外、これらの設備が整っていないのことを実感する毎日である。

 たとえば会社の最寄駅のひとつ、日比谷線八丁堀駅は地上から改札まではエレベーターで移動できるが、改札からホームまではエスカレーターすら無い。手すりを頼りに階段を昇り降りするほかない。京葉線との乗り換え通路の階段も同じである。また、浅草線の宝町駅はエスカレータやエレベーターはあるが、地上にいる時に乗車する列車の方向別に出入り口を選択しておかないと、改札を入ってから階段を使って反対側のホームへ移動しなければならない。 まあ、普段なら運動不足の解消に、とばかりに歩くわけだが、満足に歩けない状態だと階段の移動は難儀で、階段がこんなに障壁になるとは思わなかった。

 地下鉄の場合、空間に限りがあるから整備しようにも物理的に不可能であったり、工事費が莫大になることもあるから、なかなか思うように整備が出来ないのだろう。まして日比谷線や浅草線などは建設時にはバリアフリーという概念すらなかっただろうから、あとからこうした設備を作りたくても中々思うようにできないのだろう。社会資本整備の難しさを考えさせられる。

 普段は何とも思わなかったけれど、肉離れのお蔭で、バリアフリーについてあれこれ考えさせられた2週間である。予算に限りがある以上、できるところから徐々に整備していくほかないのが現状だから、引き続きバリアフリー化を進めてほしいと願うばかりである。

 それにしても肉離れ、いつになったら完治するのだろう・・・。

 

 、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »