« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月30日 (日)

6/25 カラシが牽引 鹿島貨物

今日で6月もおしまい。2019年も残り6カ月。月日の流れは早い早い・・・。このところ梅雨らしい天気が続いていますが、こんな時に限ってカシオペアは81号機が牽引・・・。関東地方はここ3週間、週末の度に天気が悪いですね。という訳で、週末の撮り鉄もイマイチ。そんな中、6/25にカラシが1093レに入ったというので、出勤前の朝練に出動!

W190625dsc_9005_00012s

 続々と国鉄色が復活するなかで、ネタ釜がますます「神」的存在になっているような・・・。平日の早朝とあって、さすがに撮影者は管理人一人でした。ちなみに今朝の1093レもカラシだったようです。明日は2101号機が入るみたいです。明日も朝練行ってみようかな?

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

4097レ 6/16・23撮影分

梅雨ですね。昨日(6/22)は雨、今日はどんよりした曇り空でした。6/16も雨。なので、先週・今週は近場でサクッと4097レを撮影しました。

W190616dsc_8944_00011s

W190623dsc_8972_00011s

 上が6/16の4097レ 下が6/23の4097レ  ちなみに今日は中国or台湾から来日したと思われる撮り鉄の方もいました。(話している言葉から推測)この方たちも国鉄色65PF狙いのようでした。

 今度の週末も天気が悪いようで。夏至の頃なので、蒲須坂で夕陽を浴びるカシオペアを撮影したいなぁと思っていましたが、今年は無理っぽいですね。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

ヒガハスでクマイチキンタと虹釜でやってきたカシオペアクルーズを撮る

 とうとう梅雨入りしていましました。梅雨らしいどんよりした空模様の中、早起きしてヒガハスへ。前回、裏被りしているのに懲りずにヒガハスに向かうとは・・・。家を出るころは雨が降っていたので、どーなることやら?と思いながらの出撃でしたが、ヒガハスに着いたころは小雨がポツポツ降るぐらいに回復してました。道路を見ると水たまりができていたので、真夜中にしっかり降ったようで、雨が小止みになったのはラッキーでした。天気が悪いものの、すでに準備を終え、待ち構えている方多数。みなさま朝早くからおつかれさまです。

 今回も相変わらず、ドカンポイントに場所を確保し、あとはカシオペアがやってくるまでひたすら待ちます。その前にカモレで練習。

W190609dsc_8808_00012s

 4070レ 今日も海上コンテナ積載でやってきました。国鉄色に戻ったEF65もよく見かけるようになりました。

W190609dsc_8832_00011s

 3070レはクマイチキンタ!!! 2エンド側なのが残念ですが、捕獲できたのでちょっとラッキーな気分に。早起きした甲斐がありました。

 で、2時間後、カシオペアがやってくる時刻に。雨は止み、空も幾分明るくなっていました。遠くに赤い物体を確認すると、背後からは下り列車が接近。あ~あ、今回も裏被りかい!

W190609dsc_8903_00011s3

 今回は下り列車が先に通過。裏被りなく撮影できました。ただそのタイミングは際どいもので、この写真の後方に下り列車が映っています。カシオペアは比較的ゆっくりとしたスピードでやったきたように感じました。それゆえ、裏被りを回避できたのかもしれません。もう少し空が明るかったらなぁ・・・。

 それにしても今日は寒かった。体調のコントロールが難しい日が続きそうです。

 さて、今週末のカシオペア紀行、何号機が登板するのでしょう。81号機かな?今から楽しみです。その前に、仕事片づけなきゃなぁ・・・。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

6/1 EF81139牽引のカシオペア紀行

 うーん、カシオペア通過時、太陽が雲から顔をのぞかせちゃいました。薄曇りに賭けましたが、マケました。公園前ポイントが正解でしたね・・・。

W190601dsc_8771_00011s

 後ろパンタが歩道橋の柱で串パンなのはご愛嬌。管理人所有のレンズだとこれが精一杯。うーん、もう少し長い焦点レンズ買おうかな?いやいや、ヘソクリそんなにないしなぁ・・・。

 今週は日本海周りのカシオペア紀行があります。お天気がイマイチのようですが・・・。カシオペアは8月まではほぼ毎週末走るようです。しばらくカシオペア狙いの撮り鉄が続きそうかな?っていうか、このところカシオペアばかりだし、偏食気味だなぁ。バランス良く撮り鉄したいものです。

 

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »