2014年9月15日 (月)

18きっぷで小田原へ③

 小田原市内をぶらぶら歩いた後は箱根登山鉄道に乗りました。フリー切符を買い求めて、強羅へ向かいました。というより、車内が激混みで途中で降りにくい状態で終点まで行ってしまったというのが本当のところです。

Img_5727w

 箱根湯本までは小田急1000形に乗りました。ずいぶん前から小田原~箱根湯本は小田急車の担当になっていたようです。(この日まで知らなかった・・・)

Img_5724w

 車庫がある入生田からは3線軌条になります。登山鉄道のみどころのひとつです。

 箱根湯本で箱根登山鉄道の車両に乗り換え。無事に座席をゲット!「さあ、楽しい登山鉄道の旅が始まるよ、ワクワク」と思いましたが、混んでいて暑い上に子供数人ががワーワー泣きわめいていて精神的に参ってしまいました。これが影響したのか、この先あちこちでトラブルが発生します。

Img_5738w

 乗った車両は昭和25年生まれ、今は無き汽車會社製造です。

Img_5739w

 強羅で乗ってきた列車を見送りました。個人的にこの車両はお気に入りです。

Img_5742w

 山小屋風の駅舎がかわいいです。強羅からケーブルカーに乗って早雲山へ。このケーブルカーも通勤電車並みの混雑。箱根の集客力ってすごいなぁと体感。

 早雲山駅からは再びケーブルカー・登山電車に乗って小田原に戻ります。途中下車することもなく、単純に登山電車に乗っただけでした。

 途中、早雲山駅でビニール傘を置き忘れてきたことに気づきました。これが前述したトラブルの1つ目。

Img_5822w

 箱根の山を縫うように走り抜けます。急カーブを曲がるときは箱庭鉄道みたいな感じです。

 箱根湯本に着き小田原行きの電車に乗りましたが、箱根にきて温泉に入らないのはどうだろう?と思い、途中で箱根湯本に戻り、箱根湯寮という立ち寄り湯に行きました。帰りの時間を考えると長居はできず、入湯料1400円がちょっと高かったなぁという感想となりました。露天風呂のお湯も温かったし・・・。これがトラブル2つめ。トラブルというよりガッカリか?

Img_5882w

 小田原に戻って東海道線で大船へ。大船の乗り換え時間で名物駅弁「鯵と小鯛の押し寿司」を購入。大船からは君津まで直通の列車に乗りました。駅弁を食べながらゆっくり座って君津に戻るだけ、安心したのも束の間、東京駅につくと・・・

「この先、新小岩駅で人身事故発生のため運転再開までに時間がかかります」

 え~っ!ここへきて抑止かい!でも帰るだけだし、グリーン車だし、どうにでもなれという気分でいたら・・・

「本日に限りこの列車佐倉行きに変更します。君津へは参りません」

 オイオイ、せっかく奮発してグリーン車乗ったのに・・・。これがトラブル3つめ。最後の最後でトラブルに見舞われるとは・・・。結局列車は東京駅で約50分、馬喰町で約20分抑止、1時間以上遅れて運行再開。千葉に着くと内房線ホームは人で溢れかえっていました。なんでも今度の電車は幕張から回送で来るので、先ほどの人身事故の影響でいつやってくるのかわからないとのこと。心身ともに疲れた体にとどめを刺されたような気分になりました。

 このあとやっとの思いで君津へ戻ってきました。

 今回の旅は小田原市内まではいい旅だったものの、その先はトラブル続き。参ったなぁと思いましたが、あまり欲張らないぐらいがちょうどよいという教訓を得たような気もします。

 

おしまい

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

峠の釜めし 今日から値上げ ¥1000へ

 10/1 東京駅の赤レンガ復元工事が完成・グランドオープン、新会社の発足、環境税という訳の分からない税金・保険料の値上げ(庶民に対するカツアゲ)が始まるなど、年度後半初日は、新しいものづくし。

 

 昨日横川でお約束の峠の釜めしを買ったら、こんな張り紙が・・・

Img_3492w

 エーッ!値上げですか!?

 聞いてないよぉ~

 

 賢明な企業努力の結果で止むに止まれず値上げに至ったのでしょう。あいさつ文にありますが、これからも美味しい釜めしをお願いしますm(_ _)m

Img_3498w 

 いつ食べても文句なしで美味しいです。碓氷ネタで遠征するときは、無条件で食べています!9/30も迷いなく購入!美味しくいただきました。

 

 というわけで、頑張れ!おぎのや

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

丘のまち美瑛⑤~新栄丘の夕陽

 忘れた頃にアップしている美瑛の写真シリーズ。まだまだ続きます。今回は新栄の丘の夕陽です。ここは夕陽が綺麗で有名なスポットのようです。ばんばんが撮影した日も数名の撮影者がいました。この日はちょっとイマイチ?な夕陽でしたが、それでも都会では見ることの出来ない風景に満足しました。

 この撮影のとき、名古屋からやってきたご夫婦に色々と美瑛の撮影ポイントを教えていただきました。そのときの写真は次回以降、アップします。

 あと、今回の旅行でお世話になったのが、この新栄の丘から徒歩3分ぐらいの「遊岳荘」です。アットホームな雰囲気とおいしい手料理のもてなしがGOOD!とてもいいお宿で、ばんばんお勧めです。秋の北海道もオススメと宿の方が仰っていました。ホームページに美瑛の素晴らしい風景写真がアップされています。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

丘のまち美瑛④~哲学の木~

 久々に美瑛の風景写真を。今回は哲学の木です。美瑛でも有名なスポットですね。今年は小麦畑とジャガイモ畑が広がっていました。

 広大な丘に一面の小麦。そしてどこまでも澄んだ青空。その風景はいつまでも心に残るものでした。

 会社の同僚で年2回美瑛へ行く人がいますが、彼が美瑛の虜になったのが良くわかった瞬間でした。

 今回から風景・自然のカテゴリーにも登録しました。以前のものも登録しなおしたので、あわせてご覧くださいませ。

Photo Photo_2

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

丘のまち 美瑛③ ~赤い家~

 さて丘のまち 美瑛シリーズも3回目になりました。ラベンダー⇒キガラシと花が続いたので今回は丘の中に佇む赤い家を紹介します。

 この赤い家、もちろん民家です。ガイドブックにも載っていないと思います。何年か前にたしかJR北海道のポスターに登場したと思うので(間違っていたらごめんなさい)、見たことがある人もいるかも知れません。

 近くを富良野線が走っていて、列車からも一瞬ですがこの赤い家は見えます。ノロッコ号だとスピードが遅いので、少々ゆっくり見れるかも?

 ばんばんも撮影をはじめたときは一人だったのですが、三脚を据えて撮影しているばんばんの姿を発見した人が、「ここ有名なんですか?」といって隣で撮影、さらにその光景を見た人が撮影に加わり、またさらに、とネズミ算的に増えて、気がついたら10名ほどでの撮影会に!

 今年は根菜類のような作物が植えられていましたが、来年はキガラシの花だともっと素敵な絵になるだろうな、と思いました。(今年でも十分、いい絵ですけど)

 美瑛の丘は毎年作付け作物が変わるので、同じポイントでも絵がガラリと変わるのがミソ。というわけで、今年の秋や来年夏も行きたいなぁ~と思っているばんばんです。

 丘のまち 美瑛シリーズはまだまだ続きます!それにしても、空が綺麗だ!

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

丘のまち美瑛② キガラシの花畑

 先月美瑛を旅行したときの写真です。美瑛といえばパノラマロードとパッチワークの丘の2つのエリアが観光コースとして有名ですが、この写真を撮影した場所はガイドブックに載っていない場所です。

 レンタカーで美瑛町をあちらこちら運転しているうちに遭遇した風景でした。周りには観光客もなく、青空の下一面のキガラシが咲き誇っていました。有名スポットでない場所で素晴らしい風景を発見したので、とても嬉しかったこと、感動も人一倍だったことを覚えています。

 今回の美瑛ではこの写真のほかにも、ガイドブックには載っていない素晴らしい風景が広がっている場所に遭遇しました。美瑛は奥が深いな~と感じた次第です。

Photo

 

続きを読む "丘のまち美瑛② キガラシの花畑"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

丘のまち美瑛 ①ラベンダーと十勝岳

 先月、北海道美瑛町を旅したときの写真を「丘のまち美瑛」シリーズととして少しずつアップしてゆきます。

 美瑛へは何度かいったことがありますが、いずれも曇り空でパンフレットやガイドブックでみるような青空の風景を見ることができませんでした。今回は3度目の正直?やっと青空の美瑛町を旅することができました。

 今回の旅では十勝岳をはじめ旭岳もよく見える、いい天気に恵まれました。今日の写真は四季彩の丘から撮影したラベンダーと十勝岳の写真です。撮影したのが7月18日。山にはまだ雪が残っているのが見えます。夏の花ラベンダーと残雪の十勝岳の組み合わせに、思わず何枚もシャッターを切っていました。

 四季彩の丘ではこのほかコスモス・ユリ・ヒマワリなどが咲き乱れていました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

旧広尾線 幸福駅 ~北海道鉄道漫遊記④~

 今回の北海道旅行では、旧広尾線幸福駅へいきました。帯広駅を出発したときは雨でしたが、幸福駅につくころには雨も上がり曇り空となりました。

 駅にはキハ22が2両、きれいな状態で保存されていました。落書きや窓ガラスの破損、部品の盗難も無く、いまにも動きそうな、そんな感じでした。うち、1両は中に入ることが出来ます。車内は少々埃っぽいですが。

 駅舎とプラットホームも保存されており、そこだけは当時のままの風景が残されています。駅舎にはたくさんの名刺が記念に貼られていました。釧網本線の北浜駅でも同じような光景を見かけますが、だれが、いつごろ、なぜ、駅舎に名刺を貼る事をはじめてのでしょうか?ちょっと疑問に思いました。

 駅舎の前では2軒の土産物店があの「愛国から幸福ゆき」の切符と幸福駅の入場券キーホルダーを販売していました。ばんばんも記念に購入。さてさて、ばんばんに幸福は訪れるかな?

 当日は生憎の天気でしたが、多くの観光客でにぎわっていました。列車を綺麗に撮影したい人は朝早い時間がいいかもしれません。

 いつまでも、大切に保存されてゆくことを願っています。

Photo Photo_2 Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月31日 (火)

はなたび利尻・まりも・はまなす撮影~北海道鉄道漫遊記③~

 さて北海道鉄道漫遊記も3回目になりました。今回は早朝の札幌駅で撮影した夜行列車の話です。

 夜行列車が次々と削減される中、北海道も例外ではなくすでに利尻・オホーツクが季節列車に、そして「まりも」も10月のダイヤ改正で季節列車化されます。前夜の飲みつかれ・寝不足の影響が大きいものの、日の出の早いこの時期にせっかく札幌駅前のホテルに泊まっているので、頑張って撮影にいきました。(体力があれば苗穂駅周辺へいこうと思ったのですが、駅撮りで妥協しました・・・)

 利尻・まりも・はまなすと3本を札幌駅で撮影したあと、琴似駅で札幌運転所へ回送するはまなすを撮影しました。結果は・・・。やっぱり寝不足のせいか頭がよく働いていないようで構図を間違えたヘタレ写真ばかり量産していました。OTL・・・。まあ、それでも数々の夜行列車を見ることが出来たのでヨシとしましょう。Photo_2  Photo

Photo_4

Photo_5

続きを読む "はなたび利尻・まりも・はまなす撮影~北海道鉄道漫遊記③~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

北斗星1号の旅

 前に北海道へ旅行に行った記事を書きましたが、そのときは往復北斗星を利用しました。今回は行きに利用した北斗星1号について書きます。

 ばんばんが北斗星を利用するのは3回目。3年ぶりのことです。1回目は北斗星の姉妹列車「北斗星ニセコスキー」、2回目は北斗星1号でした。久々の北斗星利用とあって乗る前からワクワクドキドキ!といっても心配事がひとつ。実を言うと過去2回の利用では列車が大幅に遅れて旅程を組みなおした経験をしているのです。特に3年前は4時間近く遅れ札幌に着いたのが午後1時すぎでした。2度あることは3度あるではありませんが、今回もひょっとして・・・。

 そんな心配を他所に列車はゴトリと静かな音をたて上野駅を出発。しばらくするとハイケンスのセレナードのオルゴールが鳴って車内放送がはじまりました。このオルゴールを聴かないと夜行列車に乗った気分になれないのはばんばんだけでしょうか?

 食堂車でシャワー券を買い求め、車掌さんから個室の鍵をもらったところで早めの夕食。上野駅で買った駅弁を食べながら車窓を楽しみました。普段は仕事をしている時間ですが、今日は特別。ちょっと悦に入ってました。

 夜8時半過ぎ、シャワー室へ。30分間占有でき、お湯が6分間使えるシャワー室があるのでとても便利。特にこれからの暑い時期には重宝します。汗を流してさっぱりしたところで、食堂車へ。夜21:30以降は予約ナシで利用できるパブタイムなので行ってみました。

 今では北斗星・カシオペア・トワイライトエクスプレスにのみ連結されている食堂車。車窓を流れ行く灯火を見ながらのカクテルは美味しかったです。列車は順調に北上。ばんばんもいつの間にか眠りについていました。青函トンネルを通過したことには気づかず、目が覚めたのは早朝の函館でした。函館で目が覚めるとは流石、鉄チャンであることを改めて感じたところで、機関車の付け替えを見学。函館から先は青いディーゼル機関車が重連で札幌を目指します。

 すっかり目が覚めてしまったので、大沼や駒ケ岳、噴火湾をぼんやり眺めていました。天気はくもり。晴れていれば素晴らしい風景をみることができるのですが、残念。長万部を過ぎると食堂車が朝食のサービスを開始。噴火湾を眺めながら和食セットを食べました。いつもはパンで簡単に済ましてしまっている朝食ですが、今日は車窓を見ながらゆっくりと、食後のコーヒーまで楽しみました。ちょっと贅沢な朝食でした。

 個室に戻って、少しウトウトしていると列車は苫小牧。終着札幌はもう直ぐです。千歳まではどんよりした曇り空でしたが札幌につくころには快晴に!列車は定刻どおり札幌に到着、このあと美瑛へ向かいました。長いようで短かった16時間の旅は無事に終了しました。列車を降りるとき、もう少し乗っていたいような、そんな気持ちになりました。

 会社員ですと時間のかかる夜行列車の旅はなかなか難しいと思います。飛行機なら朝1番の便に乗れば北斗星より先に到着しますから、半日休みをとらないと乗ることの出来ない北斗星はある意味贅沢な乗り物なのかもしれません。

 16時間、ゆっくりと食事をしたり読書をしたり、ぼんやりと流れ行く車窓を見ていたりしているうちにあっという間に過ぎていきまいた。以前、紀行作家の宮脇俊三氏が「北海道へ飛行機で行くのはオペラの序幕と1幕を見ないで2幕から見るようなもの」という名言を残していますが、北斗星に乗るたびにそれを実感します。函館を過ぎ、本州とは違う風景を眺めながら徐々に徐々に札幌へ近づいてゆく、あわせて気分も徐々に北海道へやってきたことを実感し、高まってゆく、それは飛行機では味わえない北斗星ならではの醍醐味でしょう。

 もし、北斗星で北海道へ行ったことがなければ一度は北斗星をお勧めします。そしてこの夏休み、北斗星に乗車する方、楽しみにしていてください。

 1 Photo_4Photo_2 Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ウェブログ・ココログ関連 | パソコン・インターネット | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 01鉄道 | 02鉄道ネタ | 03-1撮り鉄 北海道・東北 | 03-2撮り鉄 関東甲信越 | 03-2-1撮り鉄 関東甲信越 常磐線 | 03-2-2撮り鉄 関東甲信越 房総各線 | 03-2-3撮り鉄 関東甲信越 高崎・上信越線 | 03-2-4撮り鉄 関東甲信越 東北線 | 03-2-5撮り鉄 関東甲信越 東海道・横須賀線 | 03-2-6撮り鉄 関東甲信越 中央・武蔵野・京葉線 | 03-2-7撮り鉄 関東甲信越 民鉄・3セク | 03-3撮り鉄 東海北陸 | 03-4撮り鉄 近畿  | 03-5撮り鉄 中国・四国 | 03-6撮り鉄 九州 | 04乗り鉄 | 05ちょい鉄 | 06撮り鉄追想記 | 10撮影地ガイド | 11撮影地ガイド JR内房線・外房線・久留里線 | 12撮影地ガイド JR武蔵野線・京葉線・中央線 | 13撮影地ガイド JR総武本線・成田線(成田-銚子)・鹿島線 | 14撮影地ガイド JR東海道本線・横須賀線 | 15撮影地ガイド JR上越線・信越線・両毛線 | 16撮影地ガイド JR東北本線(上野-黒磯)・高崎線 | 17撮影地ガイド JR常磐線・成田線(我孫子-成田) | 20撮影地ガイド JR線東北地方 | 21撮影地ガイド JR線甲信越地方 | 25撮影地ガイド 私鉄・公営・第3セクター | 41デジカメ | 51君津・木更津・富津・袖ケ浦 | 52チーバくん | 61旅行