2022年5月16日 (月)

綺麗に整備されつつある菅野駅近くで京成3600形を撮影

 5/15の話。この日は朝から天気がイマイチで撮り鉄はお休みにする予定でしたが、京成3600形が京成上野と京成臼井を行ったり来たりする運用に入っているというので、暇つぶしに菅野駅近くで撮影しました。

Wdsc_9286_0001

 ここでの撮影は2度目になりますが、6両編成を撮影するにはちょうどよいポイントです。8両編成はちょっとキツイかな。

 さて、菅野駅は既存の橋上駅舎をベースにリニューアルが進み、歩道橋とエレベータが設置されバリアフリー化が図られました。あわせて駅前ロータリーが線路の北側・南側にそれぞれ整備され、広々とした雰囲気になりました。

Wdsc_4414

 駅の真下を東京外環自動車道と国道298号が通っています。これらの道路整備に合わせて駅前ロータリーと駅舎のリニューアルなどがおこなわれたのでしょう。ロータリーにはこの周辺でよく見られるクロマツが植えられ、地域の景観にも配慮されています。

 広々としたロータリーができて、住宅街の中の小さな駅という雰囲気から一変した菅野駅。駅前ロータリーに乗り入れるバス路線も新設されるのでしょうか?今後の動向に注目です。

 

| | | コメント (0)

2022年5月 6日 (金)

まだまだ活躍!都営5300形@新柴又

 今日は代休を取得したので仕事はお休み。かといって、遠くへ出かける気もない。相変わらず家でグータラ・・・。昼過ぎに何気に運用情報を見ると、都営5300形が15T運用に入っている模様。いつ引退となるか?わからない5300形。撮れるうちに撮っておけ!ということで、運動不足解消目的のウォーキングついでに撮影してきました。

 Wdsc_9139_0001

 15T運用は印西牧の原で〇ヨのようなので、この後トラブルなどなければ明日朝も北総線を走る5300形を見ることができそうです。5500形の必要数が昨年度中に揃ったにもかかわらず、5300形の活躍は続いています。一説によれば5500形のデジタル無線化工事が完了するまでの活躍とか。いずれにせよ、そうは長くないことには違いはありません。

 今回は新柴又駅で撮影しましたが、約40分ほどの滞在で5300形の他、スカイライナー2本、9100形、9300形、5500形、各1本を撮影。短時間の割に様々な車両を撮影できました。4者相互直通運転の北総線ならではの面白さです。

 このあとは延々と歩いて帰りました。江戸川の風が心地よかったけど疲れました。やれやれ。

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2022年5月 5日 (木)

芝山鉄道カラーになった3500形と3600形リバイバルカラーを撮影

 GW連休も後半に突入。管理人は相変わらずグータラな日々を過ごしています。今日は近場のネタということで金町線運用に入った芝山鉄道3500形を撮影しました。

 金町線で編成写真を撮影できるのは京成高砂~柴又に限られるうえに、晴れるとさらに場所が限られます。今回は初ポイントで撮影。現場に着いた時の感じでは架線柱が障害となり無理っぽいぁなぁ~と思いましたが、時間もないので一か八かここで撮影することに。

 遠くに柴又駅で3500形同士が並ぶのを確認すると、ほどなくして芝山カラーの3500形はやってきました。

Wdsc_9061_0001

 右下の標柱が目障りですが、ケツ切れしなかっただけマシなので良しとしましょう。このあと逆光に近い状態になりますが、京成高砂から戻ってくる芝山鉄道3500形を撮影します。赤い帯と緑の帯、某メーカーのカップ麺みたいなカラーリングですね。

Wdsc_9078_0001_01

 フォトショップで加工してどうにか見える絵になりました。当ブログの撮影地ガイドで紹介しているポイントでの撮影です。ここは曇りの日向きです。

 この後、京成ドライビングスクール近くの踏切でも撮影しましたが、レンズの長さが足りずイマイチな結果に・・・。ここでは非掲載。

 金町線の前には本線で3600形を撮影しました。この日は京成上野~京成津田沼を行ったり来たりする運用に入っていたようです。

Wdsc_9029_0001

 串パンなのはご愛敬で・・・。

 京成電鉄から2023年度の設備投資計画が発表されていませんが、この3600形もいつ置き換えられるかわかりません。タイミングがあったとに撮影しておきたいものです。

 今日は立夏。すこし動くと汗がでる暑い1日でした。そういえば、あと2週間もすれば夏の臨時列車が発表される頃。季節はもう夏に向かって進んでいますね。

※5/19 一部文章を修正しました

 

| | | コメント (0)

2022年4月14日 (木)

満開の桜と花桃につつまれた わたらせ渓谷鉄道神戸駅 その2

 午後は場所を移動して俯瞰アングルで撮影です。

Wdsc_8401_0001

 カラフルな花桃の花が里山の春に華やかさを添えます。逆光なのが残念。早く来て午前中に撮影しておけばよった・・・。

Wdsc_8464_0001_20220411200301

 反対側は定番スポット。実際に見るとその美しさに圧倒されます。桐生行きの列車がひょっこり顔を出したところを狙ってみました。

Wdsc_8480_0001

 トロッコわたらせ渓谷号も撮影しました。

Wdsc_8517_0001

Wdsc_8535_0001

 この後、神戸駅構内で撮影し帰宅の途につきました。

 わたらせ渓谷鉄道には大間々-上神海のサクラや水沼駅近辺のサクラなどなど見どころが沢山あるようで、いきなり神戸駅へ向かうのではなく、途中寄り道しながら北上したほうがよかったようです。

 まだ1年も先の話ですが、来年の春もわたらせ渓谷鉄道を訪問したいと思います。

 

 

| | | コメント (0)

2022年4月11日 (月)

満開の桜と花桃につつまれた わたらせ渓谷鉄道神戸駅 その1

 前記事でも取り上げましたが、満開の桜と花桃につつまれた、わたらせ渓谷鉄道神戸駅近辺で撮影しました。初めてなので勝手がよくわからず、まずは駅近くの踏切で撮影しました。

Wdsc_8312_0001

 まずはトロッコわっしー号から。ここでは老若男女問わず皆撮り鉄。オープンなトロッコ車両から眺める桜や花桃はそぞかし綺麗なことでしょう。

Wdsc_8329_0001

 続いて間藤行きの普通列車。こちらは単行でした。それにしても花桃が鮮やかなこと。

Wdsc_8367_0001_01_20220411193901

 そしてDE10牽引のトロッコわたらせ渓谷号がやってきました。堂々4連。客レはええのう。トロッコ車は元京王5000形(初代)なんですね。

 この後は場所を移動。花桃を俯瞰する場所で撮影しました。

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2022年4月10日 (日)

青春18きっぷ3回目 群馬の桃源郷へ行ってみた

 今週末は良い天気。空がこんなに青いなんて・・・。管理人も土曜日は18きっぷの旅に出ました。目的はかねがね行きたいと思っていた、わたらせ渓谷鉄道神戸(こうど)駅。なんでも駅周辺がサクラやらモモやらで綺麗だそうで。コロナの自粛生活でただでさえ重い腰が余計に重たくなっていますが、百聞は一見に如かず。早朝に自宅を出発しました。

 最寄り駅までトボトボ歩くこと25分。そこから電車に乗って上野駅へ。朝早い時間にもかかわらず利用客は多め。みんなどこへ行くのだろう?上野からは宇都宮線で小山へ。宇都宮線も6時台の下りというのに利用者が多く、立ち席の人まででるぐらい混んでいました。久喜を過ぎると徐々に空いてきましたので軽く朝ごはんを済ませます。小山ではさらに両毛線に乗り換え、桐生に向かいます。

 桐生からはわたらせ渓谷鉄道に乗ります。50年近く生きていますが初乗車!神戸駅へ向かいます。

Wdsc_4021

 ディーゼルカー1両。車内は満員。ラッシュ並みの混雑です。大間々を過ぎると見事に咲き誇るサクラが次々と現れます。特に水沼駅周辺はサクラがたくさん植えられていて見事な開花でした。右に左に風景を楽しんでいると車内改札の車掌さんが登場。桐生から神戸駅までのきっぷを購入します。車掌さんによると神戸駅はすでに混雑しているとのこと。

 桐生から1時間ほど、自宅の最寄り駅から約4時間で神戸駅に到着。10時前だというのに人多すぎ・・・。駅前の駐車場も満車。それもそのはず神戸駅の跨線橋を登ってみるとこんな風景が広がっていました。

Wdsc_4035

Wdsc_4034

Wdsc_4077

 呆気にとられるほどの美しい風景。うーん、道理で人が集まるわけだ。この風景を見ただけでお腹満腹になりましたが、せっかくなので神戸駅近くで撮り鉄をします。あちらかちらにカメラを持った人たちがいますが、良さげな場所は満員御礼。駅から少し離れた踏切で撮影することにしました。

Wdsc_8367_0001_01

 列車がやってくると訪れた人が皆撮り鉄状態でした。その光景は平和で長閑な微笑ましい感じ。平和はいいなぁ・・・。午後は場所を移して駅から歩いて5分弱の場所から撮影しました。

Wdsc_8464_0001

 ローカル線なので列車は1時間に1本やってくるぐらいで、待っている間は暇かと思いきや、青い空、美しい花桃や桜の風景、ときより聞こえるウグイスの声、心がほのぼのとするような落ち着いたひと時を過ごせて満足満足。桃源郷ってこんな所なのかなぁ、と思いました。気がつけば昼食もとらずに撮りまくっていました。それだけ夢中になる風景でした。

Wdsc_8577_0001

 この日は雲一つない青空。この青空が花の美しさをより引き立てたかもしれません。帰りも写真で分かる通り1両。車内は満員でしたが、運よく空いているボックス席に座ることができました。

Wdsc_8602

 約6時間すごした神戸駅ともお別れです。最後部から花桃や桜をお見送り。また来年も行きますよ、と声をかけたくなる心境でした。

 帰りも行きと同じく両毛線・宇都宮線経由で自宅へ向かいました。今回は往復5240円、倍以上元を取りました。と、得した気分でいましたが、後で調べてみると最寄駅から南越谷までJRで行き、隣接する新越谷から東武線を使えば18きっぷ1回あたりの金額とほぼ同額であることが判明。勉強になりました。。。。_| ̄|○

 翌日もわたらせ渓谷鉄道沿線のサクラを見に行こうと思いましたが、寝不足と疲れで断念。天気が良かっただけに、体力が落ちた自分を呪った次第。来年の楽しみとして取っておきましょう。

 今回、わたらせ渓谷鉄道には初めて乗車しましたが、想像以上の魅力ある路線であることを実感。夏・秋・冬と季節ごとに訪れてみたいと思いました。収穫の多い18きっぷの旅でした。

 さて、18きっぷの4回目・5回目は使い切る自信が無かったので母親に譲りました。ちなみに母親は知人と一緒に東京~沼津~身延線~甲府~東京とひたすら乗りまくり、車窓からサクラを堪能したそうです。18きっぷを使うのが初めてで鉄子でもないのによく乗ったなぁと感心した次第。本人曰く夏も18きっぷで出かけたいと言っていました。

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2022年4月 9日 (土)

春爛漫 わたらせ渓谷鉄道 神戸駅

今日はわたらせ渓谷鉄道へいってきました。花桃や桜がとてもきれいでした。この世に桃源郷があるんだなぁと思いました。

Wdsc_8367_0001_01

他にも撮影したので近々にアップしていきます。とりあえず疲れたので寝ます。おやすみなさい。

 

| | | コメント (0)

2022年4月 8日 (金)

ブルーアワーの飯給駅夜桜

ブルアワーを狙って撮影してみましたが、単行だったからか?ちょっと寂しい感じになりました。

Wdsc_8277_0001

やっぱり2両あったほうが絵になるなぁと思いました。

 

 

| | | コメント (0)

2022年4月 4日 (月)

青春18きっぷ2回目 4/2 秩父鉄道のSLとDL横川ナイトパーク

 前記事に続き青春18きっぷ2回目の旅です。今回も撮り鉄がメイン。DL横川ナイトパークの撮影をメインに、未だ乗ったことがない秩父鉄道に乗り鉄&撮り鉄を楽しむ旅でした。

 まずは秩父鉄道のSLを撮影すべく熊谷へ向かい、熊谷で秩父鉄道に乗り換えます。熊谷までは前夜の寝不足の成果か?爆睡で、気がついたら行田駅。危く乗り過ごすところでした。

 秩父鉄道はこの春からICカードが利用できるようになり、便利になりました。改札口のわきにはお祝いの胡蝶蘭が沢山飾ってありました。

Wdsc_3960

 本社屋ではなく駅に飾るところがいいですね!利用客にも秩父達道のICカードへの期待が伺えます。

Wdsc_3958

 駅構内で休憩中の電車。元都営車・元東急車と秩父鉄道では懐かしい車両に再会できます。

Wdsc_3963

 列車に乗ってSLを撮影するため波久礼駅へ向かいます。途中ひろせ野鳥の森駅近くの桜並木が美しかったです。じゃあ何でここでSLを撮らなかったのだろう?すべては予習不足です。予習不足はこのあと悲劇を招きます。

Wdsc_3966

 波久礼駅で降ります。ハイキングに向かうシニアグループ多数。車内はハイキングなどに出かける人で賑わっていました。

 で、SLを撮影に向かいましたが、前記事にも書きましたが予習不足で散々な結果に・・・。一駅歩いたら、寄居まで戻る運賃が220円もアップ!疲れてロクな写真が取れず、その上追加料金発生!もう踏んだり蹴ったり。

Wdsc_8099_0001

 落ち込んだ気分を慰めてくれたのが沿線のサクラ。のびのびと大きく育ったサクラは満開で青空と相まって、見惚れてしまう美しさでした。

Wdsc_3975

 こんな懐かしホーロー看板にも遭遇。

Wdsc_3974

 帰りは樋口駅から乗って寄居へ戻ります。 プラットフォームにある可愛らしい駅舎です。Wdsc_3977_20220403141001

 寄居からは八高線で高崎へ向かいます。こちらも車窓から綺麗なサクラをみることができました。ローカル線とはいえ、車内は満席、立客が出る状態でした。

Wdsc_3984

 八高線に乗車するのは20年以上ぶり。あの頃も車両はキハ110系でした。ディーゼル音を聞きながら高崎まで約45分の旅でした。

 高崎で一旦下車して、駅の周りを散策。その変貌ぶりにちょっと驚きました。軽めの昼食を済ませて次なる目的地西松井田へ向かいます。

Wdsc_3992

 車内はDL横川ナイトパークを撮影すると思われる人々や横川レールパークへ向かう家族連れでにぎわっていました。車窓からはぞれぞれのお立ち台に撮り鉄の方がスタンバイしている姿を見かけましたが、管理人が撮影しようと考えていたポイントには撮り鉄らしき人は見かけませんでした。

 あまり早く着いても待ちくたびれるので一旦、横川まで向かいます。

Wdsc_3993

 横川駅。久々の訪問です。横川といえば峠の釜めし。お昼は釜めしにすればよかったかな?

 折り返しの列車で西松井田へ。ここでDL横川ナイトパークを撮影しました。このポイントでの撮影はEF551のさよなら運転以来、実に13年ぶりです。

Wdsc_8163_0001

今から25年前、あさまや白山が行き交う特急街道であった信越線。複線設備がかつての栄華を物語っているようでした。

Wdsc_8127_0001

Wパンタの211系も捕獲できました。DL横川ナイトパークも1時間ぐらい早く来てほしかったなぁ・・・。撮影後、再び横川駅へ。

Wdsc_3996

 短い折り返し時間のうちにEF641053を見物。夕日を浴びる姿が美しかった。ここから約3時間かけて自宅に戻りました。疲れていたので高崎からはグリーン車を利用。快適で800円追加した甲斐がありました。ただタイミングが合わず車内販売を利用できなかったのが残念でした。あとグリーン車だけでも無料WIFIを使えるといいですね。これは贅沢言い過ぎかな?

 今回はIC乗車券で普通乗車券を購入した場合5548円かかるところを2410円で済みました。3138円のお得。18きっぷの威力を改めて実感しました。

 

 

| | | コメント (0)

2022年4月 3日 (日)

SL秩父錦号を撮影

 今日は生憎の空模様。サクラも満開、西金工臨などネタがありましたが、前日の疲れも残っていたので自宅で大人しくしています。

 さて本題。

 前記事、DL横川ナイトパークの撮影の前に行きがけの駄賃とばかりに秩父鉄道でSLを撮影しました。まあ、この行きがけの駄賃という発想がダメダメな結果を招くことになるのですが・・・。

 秩父鉄道は初めての乗車&撮り鉄。秩父鉄道で撮影のあと、高崎へ移動することを考えると寄居近辺で撮影することが良いだろうとというわけで、波久礼~樋口で撮影することにしました。

 この区間では国道がオーバークロスする近辺が撮影ポイントとして有名ですが、何を血迷ったのか?ほかにも良いところがあるかも?と別ポイントを捜索。

 しかし、見つかる訳もなく気がついたら樋口駅近くまで進んでいました。歩き疲れてヘトヘトな上、途中歩道のない国道でヒヤヒヤしながら歩いてきたことを思うと、国道とのオーバークロスのポイントへ戻る気も起きません。結局、近くで見つけた第4種踏切わきで撮影することに。

Wdsc_8099_0001

 背後に国道を進む車は映るし、アクセントのサクラも煙越し、ケツは竹やぶに隠れてしまうという最悪な結果におわりました。ここまで歩いてきたのが馬鹿らしく、気力が萎えた瞬間でもありました。

Wdsc_8074_0001

Wdsc_8082_0001_01

 各地で活躍した車両が秩父鉄道で活躍しています。今回は撮影できませんでしたが貨物列車もあるので、色々と楽しめそうだなぁと実感。車窓から見かけた、ひろせ野鳥の森駅付近のサクラと一緒にSLを撮影するのもいいなぁと思いました。今度はきちんと予習・プランニングをして秩父鉄道を再訪したいと思いました。

 

 

 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ウェブログ・ココログ関連 パソコン・インターネット 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 01鉄道 02鉄道ネタ 03-1撮り鉄 北海道・東北 03-2撮り鉄 関東甲信越 03-2-1撮り鉄 関東甲信越 常磐線 03-2-2撮り鉄 関東甲信越 房総各線 03-2-3撮り鉄 関東甲信越 高崎・上信越線 03-2-4撮り鉄 関東甲信越 東北線 03-2-5撮り鉄 関東甲信越 東海道・横須賀線 03-2-6撮り鉄 関東甲信越 中央・武蔵野・京葉線 03-2-7撮り鉄 関東甲信越 民鉄・3セク 03-3撮り鉄 東海北陸 03-4撮り鉄 近畿  03-5撮り鉄 中国・四国 03-6撮り鉄 九州 04乗り鉄 05ちょい鉄 06撮り鉄追想記 07電車で銭湯 10撮影地ガイド 11撮影地ガイド JR内房線・外房線・久留里線 12撮影地ガイド JR武蔵野線・京葉線・中央線 13撮影地ガイド JR総武本線・成田線(成田-銚子)・鹿島線 14撮影地ガイド JR東海道本線・横須賀線 15撮影地ガイド JR上越線・信越線・両毛線 16撮影地ガイド JR東北本線(上野-黒磯)・高崎線 17撮影地ガイド JR常磐線・成田線(我孫子-成田) 20撮影地ガイド JR線東北地方 21撮影地ガイド JR線甲信越地方 25撮影地ガイド 私鉄・公営・第3セクター 41デジカメ 51君津・木更津・富津・袖ケ浦 52チーバくん 61旅行